戻るアジア研究所公開講座

「揺れる国際秩序とアジア」を共通テーマに、アジア研究所が主催する公開講座が開講中です。第3回の6月17日は専修大学教授の大橋英夫氏が「米中経済摩擦の構造」をテーマに登壇しました。

大橋氏は、中国の対米投資に伴う懸念材料や、米国通商政策の問題点、さらに中国の対米投資の特徴などについて解説しました。

最終回となる7月1日(土)は東洋英和女学院大学学長の池田明史氏を迎え、テーマは、「米国トランプ政権の『中東政策』をどう読むか」です。

この講座は事前申し込みが必要ですが、本学学生と教職員は自由に聴講できます。時間は14時から15時30分で、会場は512教室。
<2017年06月17日 16時15分>