戻る利用マナー

亜細亜大学図書館は学習、研究を目的とした公共の施設です。

館内の資料、設備はすべて利用者全員の共有財産です。他の利用者の迷惑となる行為は慎み、次に挙げるルール・マナーを守って気持ちよく図書館を活用してください。

館内の利用について

  1. 図書館利用時は必ず身分証(学生証・教職員証・図書利用証など)を携行する。
  2. 私語は慎む。
  3. 飲食厳禁。ただし、ペットボトル等フタで密閉できる容器での飲用は可。※ドリンクポリシー参照
  4. 全面禁煙。
  5. 音声機器での通話は禁止。機器の電源を切るか、マナーモードに設定する。
  6. 他の利用者に配慮し、所持品で閲覧席を占拠しない。
  7. 所持品は各自の責任において管理し、席を離れる際は必ず貴重品を携行する。
  8. 決められた場所以外での携帯電話やスマートフォンの充電厳禁。
  9. 図書館の施設・備品等を汚損または損壊した場合は、弁償しなければならないことがある。
  10. 次の各号に該当する場合は、利用許可を取り消すことがある。
    (1) 身分証に偽りがある場合
    (2) 注意事項を守らない場合
    (3) 図書館員の注意に従わない場合

※ドリンクポリシー
 太田記念館で長時間の学習を行う際、水分補給の必要性を考慮して設定したルールです。
 守られない場合は、館内での飲料は全面禁止とします。
  1. 倒れても中身が漏れない、ネジ式で確実に栓ができる、ふたつき容器飲料(ペットボトルや水筒など)に限定して持ち込みを許可します。許可しない容器の飲料は持ち込み厳禁です。
    飲用しない時は、しっかり栓をしてカバン等の中に入れ、机の上に置いたままにしないこと。
    飲用の際は、図書資料等を汚さないよう注意すること。
  2. 貴重書を扱う際やパソコン使用時は、飲み物の飲用は絶対にしないこと。
  3. 図書資料を汚したり濡らした場合は1階・5階カウンター・4階学術情報課に、ノートPCへ飲み物をこぼした場合は2階情報システム課へ連絡すること。
  4. 館内での食事は厳禁です。アメやガムを食べることも禁止。

資料の利用について

  1. 資料を館外に持ち出す場合は、必ず貸出手続きをする。
  2. 借りた資料は必ず返却期限内に返却する。
    ※ 返却期限を過ぎると延滞日数分貸出停止となる。
  3. 資料は大切に扱う。資料への書き込みやページの抜き取りは厳禁。万が一資料を紛失・汚損・破損した場合は、同一資料の弁償手続きをしなければならない。
  4. 貸出処理をせず館内で閲覧した資料は、所定の書架もしくは備え付けの返却台へ戻す。

AVフロアの利用について

  1. 利用時は必ず身分証(学生証・教職員証・図書利用証など)を提示する。
  2. 指定された席を利用する。(個人ブースは1人・グループブースは3人まで)
  3. 席のみの使用は認めない。
  4. 資料の持ち出しはできない。
  5. 語学学習用資料以外の持ち込み資料の利用はできない。

資料のコピーについて

  1. 館内所蔵の資料のみコピーできる。ノートや持ち込み資料のコピーは不可。
    ※学位論文、優秀卒業論文のコピーは不可。
  2. 資料をコピーする際は複写依頼書に記入のうえ、回収箱へ提出すること。
  3. 著作権法の範囲内でコピーすることができる。(参考:著作権法
  • 著作物の2分の1以上のコピーは不可。
    ※ 著作者の死後50年を経過しない限り、2分の1以上のコピーには著作権者の許諾が必要。
  • 雑誌等の定期刊行物に掲載された各論文その他の記事はその全部をコピーできる。ただし、発行後相当期間(次号が既刊となったもの、または発行後3ヵ月を経たもの)に限る。
  • 調査研究の目的に限る。
  • 一人につき一部のみ。
  • 有償無償にかかわらず、再コピー、頒布することはできない。

〈2018年4月1日更新〉