戻る図書館の利用マナー

亜細亜大学図書館は学習、研究を目的とした公共の施設です。

館内の資料、設備はすべて利用者全員の共有財産です。他の利用者の迷惑となる行為は慎み、次に挙げるマナーを守って気持ちよく図書館をご活用ください。

館内のマナー

  1. 図書館利用時は、必ず身分証(学生証・教職員証・図書利用証など)を携行する。
  2. 私語は慎む。
  3. 飲食厳禁。ただし、ペットボトル等、フタで密閉できるものは可能。
  4. 全面禁煙。
  5. 音声機器での通話は禁止.機器の電源を切るか、マナーモードに設定する。
  6. 他の利用者に配慮し、所持品で閲覧席を占拠しない。
  7. 所持品は各自の責任において管理し、席を離れる際は必ず貴重品を携行する。
  8. 決められた所以外での携帯電話やスマートフォンの充電厳禁。

AVフロア利用時のマナー

  1. 利用時は、必ず身分証(学生証・教職員証・図書利用証など)を提示する。
  2. 資料の持ち出しはできない。
  3. 他人に迷惑をかける利用は認めない。
  4. 指定された席を利用する。
  5. 席のみの使用は認めない。
  6. 使用者が図書館の施設・備品等を汚損または損壊した場合は、損害を弁償しなければならないことがある。
  7. 次の各号に該当する場合は、利用許可を取り消すことがある。
  • (1) 身分証に偽りがある場合
  • (2) 注意事項を守らない場合
  • (3) 館員の注意に従わない場合
  • (4) 緊急時やむを得ない事態が生じた場合

資料利用時のマナー

1.  借りた資料は、返却期限内に必ず返却する。

※ 返却期限に遅れた場合、一定期間貸出が停止になります。直接1階または5階のカウンターへ持参してください。

 

2. 資料を館外に持ち出す場合は、必ず貸出手続きをする。貸出手続きを済ませていないと、退館ゲートの盗難防止装置により、アラームが鳴りゲートがロックされる。

※金属類などに反応してしまう場合もあるので、予めご了承ください。

 

3. 資料は大切に扱う。資料への書き込みやページの抜き取りは厳禁。万が一資料を紛失・汚損・破損した場合は、同一資料の弁償手続きが必要となる。速やかに5階カウンターに届け出る。

 

4. 貸出処理をせず館内で閲覧した資料は、所定の書架もしくは備え付けの返却トラックへ戻す。

コピー時のマナー

1.館内所蔵の資料のみコピーできる。ノートコピーは不可。

※修士論文、優秀論文のコピーは禁止されています。予めご了承ください。

 

2.資料をコピーする際は複写依頼書に記入のうえ、回収箱へ提出すること。

 

3.図書館資料のコピーには、著作権法が適用される。著作権法の範囲内でコピーすることができる。

 
  • 著作物の1/2以上のコピーはできません。

※ 著作者の死後50年を経過しない限り、1/2以上のコピーには著作権者の許諾が必要です。

  • 雑誌等の定期刊行物に掲載された各論文その他の記事はその全部をコピーできます。ただし、発行後相当期間(次号が既刊となったもの、または発行後3ヵ月を経たもの)に限ります。
  • 調査研究の目的に限ります。
  • 一人につき一部のみです。
  • 有償無償にかかわらず、再コピー、頒布することはできません。

著作権法 より抜粋)

 

4. 資料の状態によっては、コピーをお断りすることがある。

5.注意を受けたにも関わらず改善が見られない場合、退館いただく場合がある。

〈2014年4月1日更新〉