戻る武蔵野市ごみ減量資源化推進事業者(ECOパートナー)に8年連続認定

本学が平成26年度も、武蔵野市ごみ減量資源化推進事業者(Ecoパートナー)に認定されました。これで8年連続の受賞とります。

これは、月間排出量10トン以上を排出し、発生抑制や社内啓発、生ごみや雑紙類の全量資源化に努めている多量排出事業者を対象に、認定表彰委員会が審査して市長が認定するものです。今回は28の事業所が認定され、表彰状と記念品が武蔵野市から各事業所に贈られました。

本学は、可燃ごみに廃プラスチックや雑紙の混入が無いこと、生ごみや雑紙の全量資源化の実施、さらにはごみの分別・減量・資源化について教職員、学生が協力して取り組んでいることが評価されました。

<2014年04月25日 00時00分>