戻る市民と市長のタウンミーティング終わる

アイデア出し合い、学生が街づくりに協力――「市民と市長のタウンミーティング」が、11月12日に学内で開催されました。今回で62回目を迎える同ミーティングですが、学内での開催は初めてです。

当日は、「にぎわう楽しいまちづくり」「人と人が支え合うまちづくり」など、5つの班が各班のテーマごとにアイデアを出し合いました。「武蔵境のLINEアカウントでイベントを周知」、「商店街でインターンシップをし、職業レポート」、などの意見が出されると、邑上守正武蔵野市長は、「市は、おいしいお店の情報提供などはできません。特定のお店を特別に扱うことになるからです。ですから、皆さんにぜひお願いします」と、協力を呼びかける場面も見られました。

約2時間のミーティングが終わると、参加学生全員が邑上市長を囲んで記念撮影をし、同ミーティングが締めくくられました。
 
<2015年11月12日 22時29分>