戻る武蔵野地域五大学共同講演会

武蔵野市と武蔵野地域の五大学(亜細亜大学・日本獣医生命科学大学・成蹊大学・東京女子大学・武蔵野大学)が連携して生涯学習の機会を提供する「武蔵野五大学」の共同講演会が6日、本学で開催され、110名が参加しました。

講演に先立ち、栗田充治本学学長から挨拶があり、続いて本学アジア研究所の西澤正樹教授が登壇し、「アジアの辺境~内陸国境地域のダイナミズム~」をテーマに講演しました。
西澤教授は、中国の「一帯一路構想」について詳しく解説、また、国境通過地点である口岸周辺において経済活動のダイナミズムが起こるとして、主要な口岸について地図や写真を提示しながら解説しました。
<2016年10月06日 14時58分>