戻る武蔵野地域五大学共同講演会の開催

武蔵野地域五大学共同講演会が9月22日(金)の基調講演を皮切りに始まります。

同講演会は、武蔵野地域の五大学(亜細亜大学、成蹊大学、東京女子大学、日本獣医生命科学大学、武蔵野大学)を会場に行うものです。

本学を会場とした講演会は10月3日(火)に開催されます。

聴講は予約が必要ですが、本学会場に限り本学学生、教職員は聴講可。
希望者は直接会場へお越しください。
本学で行われる講演は以下のとおりです。

<統一テーマ> 『織りなす知と経験 ~ともに学び、つなぎあう~』

▼日時:10月3日(火)、14時~15時30分
▼会場:亜細亜大学7号館B館1階7100教室
▼講師:布田 功治経済学部講師
▼講演テーマ:「高度成長をもたらすアジア経済連携」
▼講演要旨:近年、アジア経済は世界経済の重要な成長源のひとつとして、広く認識されるに至っている。一方、TPP、RCEP、AEC、AIIBというアジア経済連携の試みも矢継ぎ早に展開されている。本講演では、それらのアジア経済連携がさらなる高度成長をもたらす可能性について、アジア域内生産ネットワークに注目する視点から、写真やアニメーションそして統計データを多用しながら分かりやすく解説する。

<2017年09月14日 10時15分>