戻る武蔵野市立第二中学校から3人が職場体験

△広報課では一眼レフを使い、人物撮影のポイントを学んだ

武蔵野市立第二中学校の2年生3人が、5月28日から30日までの3日間、本学で職場体験学習を行いました。

一行は職員の指導の下、学術情報課で図書館の本の整理、国際交流課で外国人教員の対応、広報課でインタビュー・撮影・記事作成業務などを体験し、大学事務の仕事に理解を深めました。

職場体験を振り返って、「部署ごとに全く異なる業務を行っていることが分かりました」、「事務仕事はパソコン作業がほとんどだと思っていましたが、体を動かして仕事をすることが分かりました」などの感想が聞かれました。
<2019年05月31日 12時30分>