戻る公開講座「街づくり未来塾Ⅱ」第2回を開催しました

公開講座「街づくり未来塾Ⅱ」(全4回)が開講中です。同講座では、地域社会と大学が相互理解を深め、豊かな街づくりを目指します。

第2回の12月4日は、武蔵野プレイス「カフェ・フェルマータ」経営者・松井隆雄氏が「カフェから見た、地域文化の創造と発信」と題して登壇しました。

松井氏は地域文化の定義を「地域の人と人が生むいろいろな現象」として、地域にはたくさんの「知」が根を生やしており、それを発掘してつなげていくうちに、いつの間にか生まれていくものが地域文化であると説明。

また、自身が経営する図書館カフェについて「人には、実験の場、コミュニケーションの場が必要です。知りたいことと人を結びつける場所でありたい」と語り、松井氏が実際に行っているイベントや取り組みについての紹介がありました。

次回の外部講師登壇回は、12月24日(火)、牛田守彦氏(武蔵野の空襲と戦争遺跡を記録する会代表/法政大学中学高等学校教諭)が「平和の町づくりの市民の『共通基盤』づくりをめざして(仮題)」をテーマに講義します。

▽時間=4時限(14時30分~16時00分)
▽会場=本学5号館526教室

受講料無料、事前申し込みは不要です。聴講希望の方は直接会場までお越しください。
<2019年12月04日 12時15分>