戻る地域ファミリーコンサートを開催しました

第5回亜細亜大学ファミリーコンサートが1月26日に行われました。このコンサートは、本学主催、多摩東急会の協賛で開催しているものです。
当日は、本学卒業生が中心となり運営されている音楽団体、バーチュリーバ・ソサエティーが出演。地元武蔵野市立第六中学校吹奏楽部がゲスト出演。

オリンピックイヤーでもある今回の演奏会の第1部は、1996年に開催されたアトランタ・オリンピックの公式テーマ曲であった、サモン・ザ・ヒーロー(作曲:ジョン・ウィリアムズ/編曲:ポール・ラベンダー)で幕を開けました。
海の歌(作曲:レックス・ミッチェル)、Six Sticks(作曲:小長谷宗一)と吹奏楽オリジナルの曲、クラシックアレンジでは「『カルメン組曲』より アラゴネーズ他」(作曲:ジョルジュ・ビゼー/編曲:小長谷宗一)を演奏しました。

第2部ではゲスト出演の武蔵野市立第六中学校の生徒が、歌謡曲を中心に、演奏。3曲目はバーチュリーバのメンバーと「宝島」(作曲:和泉宏隆/編曲:真島俊夫)を合同で演奏しました。

ファミリーコンサートとして開催するこの演奏会、第3部はアニメソングなど小さな子どもたちにも楽しめる曲で構成。演奏だけでなく、さまざまな演出で会場を沸かせました。「パプリカ」(作曲:米津玄師)では、ステージ前で子供たちが一緒に踊りながら楽しみました。

1階席がほぼ埋まる会場には、子供たちはもちろん、様々な年齢層の来場者がみられ、家族で楽しめる演奏会となりました。
 

スネアドラムをフューチャーした Six Sticks

ロビーでアンサンブルも披露

客席でも演奏し盛り上げます

子供たちも踊って参加

<2020年01月27日 20時19分>