戻る「多文化ミュージアム2020」が開催されました

 「多文化ミュージアム2020」が2月9日と10日に、武蔵境駅南口の武蔵野プレイスで開催されました。

これは、「多様な文化の豊かさを身近に感じ、多文化共生について考える一助になれば」と、多文化コミュニケーション学科と武蔵野市国際交流協会(MIA)が共催したものです。会場には学生と教員が作成した世界の乗り物が展示されました。

9日は、名前をアラビア語・ヒンディー語・韓国語で書く「なまえで多文化」に本学の学生が参加。来場者に各国の文字で名前を書いて市民と交流しました。また、9日・10日とも、モンゴルの伝統楽器、馬頭琴の演奏が行われ、多くの市民が音楽でモンゴルの文化に触れました。

<2020年02月10日 19時20分>