戻る令和4年度第1回「租税法研究会」開催のご案内

亜細亜大学大学院(経済学研究科・法学研究科)および経済社会研究所・法学研究所主催による令和4年度「租税法研究会」を、8月27日(土)に開催します。当日は2部制で行われ、本学学生や市民の方なども自由に聴講できます。

本研究会は、東京税理士会、千葉県税理士会、東京地方税理士会、関東信越税理士会、東北税理士会および南九州税理士会の研修として認定されています。それぞれの税理士会に所属の税理士の方が受講される場合、事前に所属会名、支部名、登録番号、氏名を<sozeiken@asia-u.ac.jp>までメールでご連絡ください。

日時

令和4年8月27日(土)14時00分~17時10分

実施方法

会場(教室)における対面方式とZoomでのオンライン方式の併用で実施します。
 

  1. 対面方式(教室)
    亜細亜大学武蔵野キャンパス200教室(2号館1階)
  2. オンライン方式(Zoom)
    下記の「お申し込み」記載のメールアドレスにお申込みいただいた後、聴講用のURLなどを事前にご連絡しますので自宅などから聴講できます。

テーマと講師

                        座長/司会  肥後治樹 亜細亜大学法学部教授)
第1部(14時00分~15時30分)
「税理士が知っておきたい固定資産税の基礎知識」
                       講師:安部和彦氏(国際医療福祉大学大学院教授)
第2部(15時40分~17時10分)
「源泉所得税の納税義務と範囲に関する問題」
講師:濵田明子氏(明星大学経済学部教授)
     
(お問い合わせ)
亜細亜大学大学院法学研究科    肥後治樹研究室TEL:0422-36-6553

定員

100名(先着順)

受講料

無料

お申し込み

メールでの申し込みを受け付けています。氏名・ご連絡先を本文に記入のうえ<sozeiken@asia-u.ac.jp>までご連絡ください。オンライン受講の方には、当日までに聴講用のURLなどをお送りします。

  1. 新型コロナウイルスの感染状況によっては、対面方式は実施せず、オンライン方式のみの実施となる場合があります。予めご了承ください。
  2. オンライン方式の場合、視聴いただく環境によってご覧いただけない場合があります。 視聴にかかる通信費などは、ご自身でのご負担をお願いします。
  3. 本講座の録画・録音はご遠慮ください。
  4. プライバシー保護の観点から、画面のスクリーンショットや撮影などはご遠慮ください。
  5. お手元の機器でのZoom設定などについては、対応いたしかねます。 予めご了承ください。

<2022年06月30日 13時00分>