戻るドキュメンタリーフォトグラファー・小松由佳氏による講演会「〈現地〉から考えるシリアの現在」開催のご案内

著書『人間の土地へ』などで知られるドキュメンタリーフォトグラファーの小松由佳氏による講演会を開催します。当日は、本学学生や市民の方なども自由に聴講できます。

△クリックすると拡大します

小松氏は今夏3か月間にわたり、シリア・トルコ国境レインハルならびにシリア国内のダマスカスや ホムス、パルミラを取材しました。「祖国」に帰りたくても帰れない人々、あるいは「祖国」に残りながらも完全に自由を奪われた人々の声と姿を、現地取材をもとに報告します。その報告を踏まえ、日本在住のシリア人ジャーナリストであるナジーブ・エルカシュ氏を交えてディスカッションを行います。

日時

11月26日(土)15:00-17:00(開場14:40)

場所

亜細亜大学武蔵野キャンパス200教室(2号館1階)

テーマと講師

                        司会進行 岡崎弘樹(亜細亜大学国際関係学部講師)
第1部 講演会
「〈現地〉から考えるシリアの現在」
                       講師:小松由佳氏(ドキュメンタリーフォトグラファー)
第2部 ディスカッション
コメンテーター:ナジーブ・エルカシュ氏(日本在住シリア人ジャーナリスト)
     

<小松由佳氏 プロフィール>
1982年秋田県生まれ。ドキュメンタリーフォトグラファー。
高校在学中から登山に魅せられ、国内外の山を登る。2006年、“世界で最も困難な山”と称される世界第2の高峰K2(8611m / パキスタン)に日本人女性として初めて登頂。植村直己冒険賞受賞(2006年)。次第に風土に生きる人間の暮らしに惹かれ、草原や沙漠を旅しながらフォトグラファーを志す。2008年よりシリアを撮影。2011年からのシリア内戦では人々の境遇の変化を目撃、シリア内戦・難民の取材を始める。著書に『人間の土地へ』(集英社インターナショナル/2021年9月)。2021年、山本美香記念国際ジャーナリスト賞受賞。シリア人の夫と二人の子供と東京都八王子市在住。公益社団法人日本写真家協会会員。
<ナジーブ・エルカシュ氏 プロフィール>
1973年シリア生まれ。ジャーナリスト。
ベイルートアメリカン大学卒業、ロンドンフィルムアカデミーで映画制作を学び1997年に来日。東京大学大学院、名古屋大学大学院にて映画理論を研究。制作会社リサーラ・メディアの代表として1998年から日本や北東 アジアを取材し、ドバイ・テレビなど多数のメディアで取材を配信。そのほか、日本のメディアやアラブ映画など文化事業にも多く関わっている。

定員

200人

受講料

無料

お申し込み

不要

お問い合わせ先

okazaki_hiroki@asia-u.ac.jp


<2022年11月14日 10時47分>