在学生の方へ

戻る試験

試験

  1. 学事日程に基づいて、前期、後期の期末に期間を設けて年2回実施します。
  2. 定期試験時間割については、試験開始2週間前にPC版「亜大ポータル」内「キャビネット」で発表します。なお、発表後の変更についてもPC版「亜大ポータル」内「キャビネット」で周知しますので、随時確認を行ってください。

試験時間

定期試験時間
1限  9:30~10:30
2限  11:00~12:00
3限  13:00~14:00
4限  14:30~15:30
5限  16:10~17:10
6限※ 17:30~18:30

※6時限目に試験がある場合に実施。
※定期試験時間は、授業時間帯と異なるので注意すること。

受験資格

次のいずれかに該当する学生は定期試験を受けることができません。

  1. 受講科目が未登録の者。
  2. 正当な理由なく、出席日数が授業日数の3分の2以上に満たない者。
  3. 試験開始後20分以上遅刻した者。
  4. 監督者の指示に従わない者。

 

学生証の提示

試験を受ける者は、必ず学生証を机上に提示しなければなりません。なお、学生証を忘れた場合は、1号館1階、2号館1階または太田耕造記念館1階に設置されている「証明書発行機」で仮学生証を発行してください。

なお、仮学生証は発行日のみ有効で、定期試験期間中の発行は2枚までです。試験時には学生証を忘れないように気をつけましょう。

遅刻・退室

  1. 遅刻者の入室の可否については担当教員が判断します。
  2. 退室については、担当教員または監督者の指示に従ってください。
  3. 一度退室した者は、再入室できません。

答案

  1.  答案用紙に学籍番号、氏名を記入する際は、必ず黒ボールペンを使用してください。
    (ただしマークシートは鉛筆)
  2. 答案の提出は、教卓、教壇など指示された場所に本人が提出してください。
  3. 答案用紙の書き直しは原則として認めません。科目の性質上、解答が2枚以上にわたる場合以外は、2枚目は配付しません。
  4. 担当教員の指示がある場合を除き、答案の試験場外への持ち出しは認めません。
  5. 答案は解答できない場合(白紙)でも学籍番号、氏名を記入して、必ず提出してください。

不正行為

本学は、不正行為に対して、厳重な処分をもって臨みます。日頃の勉学の成果を発揮すべく、正々堂々と受験し、不正行為は絶対にしないでください。

なお、本学が試験中の禁止事項に挙げるのは次のとおりで、これに違反した場合は不正行為とみなします。

<試験中の禁止事項>
1.監督者の指示に従わない
2身代わり受験を行う、または行わせる
3答案ののぞき見
4カンニングペーパーなどの所持
5許可されたもの以外のものを参照する
6机上などへ事前に書き込みをする
7許可なくして物品や教科書、ノート類を貸借する
8答案用紙の交換および見せ合う、または、会話する
9携帯電話を使用する

<処分の内容>
1当該学期履修全科目(通年科目含む)の単位認定無効
2退学、停学または譴責
3所属・処分内容の公示
4保証人(保護者)への通知

レポートの注意

皆さんがこれから学修していく上で、レポート提出を課される場合があります。こうした場合は、担当教員が指示した日時、場所を厳守して提出してください。通常は、授業時に提出することがほとんどですが、中には、担当教員の指示した場所に郵送やEメール、manaba等で提出させるケースもあります。 

 

なお、大学では、教員の住所・電話番号などを教えることはしません。また、原則的に教学課でレポートを預かることもしませんので、提出期限や提出先を忘れたりしないように細心の注意を払ってください。

 

教学センター 教学課(1号館1階)

試験を欠席する場合(追試験の申請)

〈2017年6月24日更新〉