在学生の方へ

戻る健康お役立ち情報

在宅中の健康管理 
 ~VDT症候群を予防しましょう~

目が疲れる 首や肩がこる イライラしたり不安な気持ちになる・・・
こんな症状があったら要注意!

 新型コロナウイルスの影響により、日常生活は大きく変化しています。テレワークやリモート授業のため、自宅でパソコン作業をしている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。そのような在宅時間が増えた方々に懸念される病気に『VDT(ブイ・ディ・ティ)症候群』があります。

【VDT症候群とは】
VDT症候群とは、VDT(Visual Display Terminals:パソコンやスマートフォンなどのディプレイ端末) 機器を使用し、長時間作業することで生じる心身の不調をいいます。

【VDT症候群の症状】
1.眼症状
ディスプレイを長時間見続けることから、目の疲れ(眼精疲労)を生じます。症状が増強すると、目の渇き(ドライアイ)や視力低下などをきたします。
 2.身体の症状
同じ姿勢で長時間作業を続けることから、首、肩、腰の凝りや背中の痛みが起こります。また頭痛や吐き気を伴うこともあります。
 3.心の症状
眼や体の不調がストレスとなり、心的にイライラしたり不安感を生じることがあります。また他人と交わることのない孤独な作業や時間から、うつ症状をきたすこともあるといわれています。

【VDT症候群の予防対策】
1.明るさ
作業場所は明るすぎず暗すぎず、新聞の文字を無理なく読める程度の明るさが目安です。太陽光が入射する場合はカーテンを使用して明るさの調節をし、直射光が画面上で反射しないよう注意してください。
 2.ディスプレイの設置位置
ドライアイの予防のために、画面の上端が目の高さと同じか、視線がやや下向きになる角度にします。また画面から40cm以上離れて作業し、椅子に深く腰をかけて背もたれに背を十分にあて、足裏全体を床につけた姿勢を保つようにします。
 3.休憩時間の確保
できるだけ一定間隔で休憩をとりましょう。作業1時間ごとに10程度が目安といわれています。休憩時は遠くの景色を眺めて眼を休めたり、足腰のストレッチや肩を回すなどして血流を改善させます。筋肉の凝りをほぐすことで疲労回復を図ることができます。
 4.心の休息
パソコンやスマートフォンから離れる時間をとりましょう。作業しない間は軽い運動をしたり、ゆっくり湯船に入ったり、おいしい食事をいつもより時間をかけて味わうなど、オンとオフのメリハリのある生活が効果的です。

 
「VDT症候群」の詳細は、下記の関連情報でご確認ください。

 保健室 (5号館1階)

〈2020年6月16日更新〉