在学生の方へ

戻る健康お役立ち情報

[新しい生活様式での熱中症対策]

悩める夏!
新型コロナウイルス感染症における熱中症予防について

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策を取り入れた「新しい生活様式」の実践が求められるようになりました。

これから本格的な夏を迎えるにあたり、新しい生活様式を踏まえた健康上の注意点をまとめました。


●マスクの着用どうしたらいいの?
マスクは飛沫の拡散予防に有効であり、一人ひとりの基本的な感染予防対策として定着してきました。しかし、これから迎える夏の高温・多湿の環境下でのマスクの着用が、熱中症のリスクを高める恐れがあるとして心配されています。

[マスク着用の注意点]
屋外でソーシャルディスタンス(2m)の範囲内に人がいなければ、マスクを外しても問題ありません。適宜水分補給をするなどして涼をとりましょう。
 マスクを着用する場では、作業や外出の時間を朝や夕方などの比較的涼しい時間帯に変更したり、曇りや雨の日など、暑さが和らぐ天候を利用するのも予防の一つです。日傘や帽子を十分に活用しながら涼しい服装を心がけ、喉の渇きを感じる前に意識的に水分補給をしてください。強い負荷のかかる運動は避けたほうがよいでしょう。
 
●健康チエックを行いましょう!
熱中症の症状のひとつに高体温があります。新型コロナウイルスの感染症状の確認と合わせて、毎日決まった時間に体温測定をして発熱の有無を確認してください。
発熱がなくても、体調の変化を感じたら涼しくした部屋で静養しながら様子をみましょう。水分摂取も忘れずに行ってください。

●エアコンの活用と換気の両立を!
熱中症予防にはエアコンの活用が有効です。涼しい環境下は高体温になるのを予防します。しかし、ほとんどのエアコンは空気を循環させているだけで換気の働きがないため、新型コロナウイルス予防の観点からは対策が必要です。
新型コロナウイルスの感染予防には換気が一番の対策になります。エアコンの動作時は室内の窓を少し開け続け、外気を取り入れて室内の換気を行ってください。窓を開け続ける事が困難な場合は、30分に一度5分程度の目安で窓を開けて換気を行いましょう。
エアコンは起動時に電力を多く消費するので、換気の度に電源を切ることはせず、電源をつけたまま換気することがすすめられています。
 
●暑さに負けない体力づくり
本格的な真夏を迎える前に、体を暑さに慣らしておくことが熱中症予防に有効です。ご自身にとって無理のない範囲の「やや暑い環境」で「ややきつい運動」を30分程度行うとよいでしょう。強く負荷のかかる運動は避けましょう。
人が混みあっ熱中症のリスクを減らすため、食事を抜くなどの偏った食生活とならないよう心がけることも大切です。
 
●「熱中症警戒アラート」の開始
気象庁、環境省が熱中症の危険性を表す「熱中症警戒アラート」を7月から運用(試行的)すると発表しています。

「熱中症アラート」「熱中症対策」についての詳細は、下記の関連情報でご確認ください。

 保健室 (5号館1階)

〈2020年7月29日更新〉