在学生の方へ

戻る学校感染症(インフルエンザ、はしか等)に罹患した場合

学校感染症について

学校保健安全法で定められた学校感染症に罹患した場合、又は疑いがある場合には、感染拡大を防止するため、治癒するまで決められた期間は出席停止となります。学校保健安全法施行規則第19条により、下表のとおり種類と対象疾患が定められています。

分類 対象感染症名
第1種

エボラ出血熱、クリミヤ・ゴンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎(ポリオ)、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARS)、鳥インフルエンザ(H5N1)

*上記の他、「新型インフルエンザ等感染症」「指定感染症」及び「新感染症」

第2種

インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く)、百日咳、麻疹(はしか)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、風疹(三日ばしか)、水痘(みずぼうそう)、咽頭結膜炎(プール熱)、結核、髄膜炎菌性髄膜炎

第3種

コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎

*上記の他、その他の感染症として、溶連菌感染症、流行性嘔吐下痢症など

1.医療機関で学校感染症と診断された場合、又は罹患の疑いがあると認められた場合

速やかに大学保健室(0422-36-3996まで電話で連絡してください。授業だけではなく、部活やサークル活動も禁止となります。医師の許可が出るまでは登校しないで自宅療養してください。

 

2.治療後の手続き

医師から治癒したといわれたら、「治癒証明書」に病名と欠席の期間を記載してもらってください。登校時に学生センター厚生課に提出し、授業出席停止期間中の手続きを行ってください。

学校感染症を予防するために

  • 麻疹(はしか)、風疹(三日ばしか)、水痘(みずぼうそう)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)等の予防接種が推奨されている感染症に罹患したことがなく予防接種歴がない学生は、医師と相談の上、予防措置をお願いします。
  • 外出後は、手洗い、うがいを励行してください。
  • 十分な睡眠とバランスのとれた食事で体力を低下させないようにしましょう。
  • 咳エチケット(咳が出ているときはマスクをつける)を守りましょう。
  • 咳が続くときや体調不良、熱(37.5℃以上)、下痢などがあるときは、早めに医療機関で受診してください。
  • 学校感染症が心配される場合は、受診前に医療機関に電話で症状を伝え、その指示に従って受診してください。

 

インフルエンザに関するお知らせ

予防接種を受けましょう!

  • 希望される方はどなたでもワクチンの接種ができます。
  • 接種場所は、国と契約した全国の診療所や病院なら、どこでも接種できます。お住まいの市町村の広報誌やホームページ等で確認してください。
  • ワクチンの予防接種だけで100%インフルエンザを予防することはできませんが、発症や重症化を防ぐことが期待できます。
  • 予防接種は効果が現れるまでに2~3週間かかります。また、有効期間は5~6ヶ月です。早めに接種されることをお勧めします。

★新たな「新型インフルエンザ」及び「鳥インフルエンザ」等に備えて

今後、ウイルスの抗原性が大きく異なる新型のウイルスが出現することにより、世界的な大流行(パンデミック)となる可能性が危惧されています。強力なインフルエンザの発生・流行に備え、感染症の予防対策をお願いします。

麻疹(はしか)に関するお知らせ

麻疹(はしか)は毎年春から初夏にかけて流行がみられます。過去の推移を見ると、平成19・20年に10~20代を中心に大きな流行がみられましたが、平成20年より5年間、中学1年相当、高校3年相当の年代に2回目の麻疹(はしか)ワクチン接種を受ける機会を設けたことなどで、平成21年以降10~20代の患者数は激減しました。

しかし、ワクチン未接種の人の発病や、ワクチンを受けていても、免疫力の低下から発病してしまうケースはまだ報告されています。

特に、麻疹(はしか)にかかったことが明らかでない場合、麻疹(はしか)の予防接種を2回接種していない方は、医師と相談のうえ、予防接種の検討をお願いいたします。
 

※ 厚生労働省からの「麻疹(はしか)に関する特定感染症予防指針」では、ワクチンの予防接種を勧奨しています。

※ 教育実習や介護体験学習、海外留学において、麻疹(はしか)の抗体検査の結果や予防接種歴の証明の提出が必要になることがあります。早めに確認の上、対応をお願いいたします。

関連リンク

亜細亜学園学生健康保険互助組合

現行の一般社会保険では、病気やケガで通院した場合、その治療費の70%しか給付されず、残りの30%は自己負担になります。「亜細亜学園学生健康保険」は、学生がその基金を組合費という形で拠出し合い、自己負担となる30%の治療費をこれに充てる事ができるものです(※歯科は給付対象外)。

感染症情報サイト

学生センター 厚生課 保健室(5号館1階)

Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社のAdobe Reader(無料)が必要です。Adobe Readerをお持ちでない場合は、Adobe社のホームページからダウンロードしてください。
〈2019年8月30日更新〉