在学生の方へ

戻る上級救命講習会のお知らせ

救命の知識と技術を学ぼう
12月10日(土)「上級救命講習会」開催

私たちはいつ、どんな場所で事故や急病に遭遇するかわかりません。突然の事故や急病は、適切な救急処置が施されていたら助かる場合も少なくありません。救命には何よりも、現場に居合わせた人の速やかな手当が鍵となります。
保健室では、春に引き続き今年度2回目の「上級救命講習会」を開催します。講習会のプログラムは人工呼吸や心臓マッサージによる心肺蘇生法、AED(自動体外式除細動器)の使用方法について学ぶほか、成人および乳幼児のけがや病気の手当ての基本など、日常生活で遭遇しそうな状況を想定し、実技を通して学びます。
本講習会は、救命講習受講の経験有無を問わず、どなたでも参加できます。ぜひ、この機会に正しい「応急手当」の方法を習得してください。

なお、講習修了者には、東京消防庁から「上級救命技能認定証(自動対外式除細動器業務従事者)」(3年間有効)が交付されます。受講希望者は12月6日(火)までに受講料1,000円を持参し、保健室に申し込んでください。

◇日時:12月10日(土) 9時~17時
◇場所:2号館6階 多目的ホール
◇講師:東京防災救急協会・東京消防庁武蔵野消防署
◇対象:本学学生(授業に支障なく時間を通して参加可能な学生)
◇定員:20人(定員になり次第締め切り)
◇受講料:1,000円(正規受講料2,600円を学生健康保険互助組合、学友会が800円ずつ負担する)
◇内容:応急手当のほか、けがや急病などの際に役立つ知識や技術を学ぶ

【問い合わせ先】厚生課保健室(℡0422-36-3996)

<2016年11月08日 15時49分>