在学生の方へ

戻る後期授業の開始にあたって

令和2年9月3日
 
学生及び保護者の皆さまへ

亜細亜大学   
学長 大島正克

後期授業の開始にあたって

前期授業は、学生をはじめ教職員の健康を守ることや大学での学びを止めないことを第一とし、すべてオンラインによって行いました。学生及び保護者の皆さまのご理解とご協力により、無事に終了することができましたことに心から御礼申し上げます。常にネットの先にいる学生の皆さまを思い、授業を行い、その結果を振り返るベく、前期の学期末に「授業改善のための学生アンケート」を実施しました。ご協力頂きました貴重な回答データを十分検討し、今後の授業改善につなげてまいります。

現在もまだ、新型コロナウイルスの感染が続いております。学生の皆さまとご家族の健康を第一と考え、令和2年度後期の授業も原則としてオンラインで実施いたします。しかしながら、前期授業の単なる延長とはならないように新たな取り組みとして、教員と学生とのライブでのやりとりや学生同士の意見交換ができる質の高い同時双方向型授業を全学的に行ってまいります。遠隔会議システムであるZoomを活用し、教職員だけではなく、学生全員が、オンラインによるミーティングの主催を可能とすることはその一環です。

また、対面式授業を少しでも受けたいという学生の皆さまの願いも汲み取り、十分に安全を考慮しつつ対面とオンラインを並行して実施するハイブリッド型授業を一部の授業に適用します。学外からのオンライン受講と教室での対面受講とのどちらかの形態で受講するかは学生の皆さまに選択していただきますので、大学が学生の皆さまの受講形態を指定して登校を促すことはございません。対面式授業の受講者は学内所定教室にて受講し、オンラインで受ける学生の皆さまに対しては、Zoomによりその様子を同時並行で受講することになります。

登校に伴う感染症への安全対策については、十分に配慮しながら準備を進めております。対面式授業の場合は分割登校等によりキャンパス内での「密」を避ける対策を講じます。登校希望の学生を2グループに分け、大学キャンパス内で対面式で受ける週と、自宅等でオンラインで受ける週とを交代しながら授業を進行していきます。また、登校時にオンライン双方向型授業を学内でも受講できるよう、教室の開放も行います。パソコンがない学生の皆さまに対しては、大学からパソコンを貸与いたしますのでどうぞご利用ください。利用方法は、9月下旬までには亜大ポータル等でお知らせいたします。

なお、今後ハイブリッド型授業が追加された場合は、改めて亜大ポータルで配信させて頂きます。この場合も大学が学生の皆さまの受講形態を指定して登校を促すことはございません。もし更なる感染が拡大する状況になった場合は、対面式授業は全て中止し、オンライン授業のみに変更となる場合がありますので、ご了承ください。

最後に、皆さまにおかれましては引き続き感染防止に細心の注意を払いつつも、コロナ後の世界に備え、しっかりと勉学に励みましょう。まさに本学の建学の精神「自助協力」を発揮するときです。キャンパスで笑顔一杯の皆さまとお会いできる日を教職員一同心待ちにしております。
 
以上

<2020年09月03日 20時00分>