在学生の方へ

戻る健康お役立ち情報

感染予防と熱中症対策を

熱中症対策をしましょう

梅雨が明け夏本番を迎えます。引き続き新しい生活様式で感染予防を行いながら、急激な気温の上昇に備えた熱中症対策を十分に行いましょう。
 
●熱中症の症状
熱中症は、高温多湿な環境に身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。
 
【主な症状】
・めまいや顔のほてり
・筋肉痛や筋肉のけいれん
・体のだるさや吐き気
・汗のかきかたがおかしい
・呼びかけに反応しない
・自力で水分補給ができない
 
【応急処置】
熱中症はときに命に関わることのある症状です。迅速で適切な対応が重要となります。
・涼しい場所へ移動する
・衣類を脱がして涼しい風に当て、首、脇の下、鼠径部などを冷たいタオルなどで冷やして体温を下げる
・塩分や水分を補給する
・嘔吐している、意識がないなどの場合は無理に水分を摂らせることは厳禁とし、すぐに医療機関へ相談、または救急車を要請する。

新しい生活様式を過ごしながら、熱中症を予防しましょう

マスクを着けているときは呼吸による熱放散が難しくなり、体温調整が上手くできません。
新しい生活様式に潜んでいる熱中症のリスクには十分な注意が必要です。
 
☆暑さを避ける
・室内では扇風機やエアコンで室温・湿度を調整し、外出時はなるべく日陰を歩いたり、帽子や日傘を使いましょう。休息の時間もとりましょう。
・屋外で人と2メートル以上離れているときはマスクを外しましょう。
マスクの着用時は激しい運動を避け、こまめに水分をとりましょう。
 
☆服装を工夫する
・襟や袖口があいたデザインや、ゆったりした服装は熱がこもりにくく快適に過ごせます。
 
☆こまめな水分・栄養補給
・のどが渇いたと感じる前からこまめに水分を補給し、バランスのとれた食事を心がけましょう。
 
☆暑さに備えた体作り
 日頃から※①暑さに体を慣らしておくために、ウォーキングやランニングなどの運動で汗をかく習慣を身につけておきましょう。
 
【※①暑熱順化(しょねつじゅんか)】
暑い日が続くと、体は次第にその環境に慣れて暑さに強くなっていきます。これを『暑熱順化』といいます。この『暑熱順化』は、体温が上昇したときに発汗量や皮膚の血流量を増加させ、熱放散(体の表面から熱を逃がす作用)を促進し、熱中症を予防する効果があります。
体が暑さに慣れるのは数日から2週間程度かかるといわれています。梅雨が明けて本格的な酷暑が訪れる前に、余裕をもって体の暑熱順化をすすめましょう。汗をかく運動をしたり、湯船にゆっくりとつかって体温を上昇させる活動を習慣的に行うことが重要です。

熱中症警戒アラートを活用しましょう

熱中症警戒アラートは、熱中症の危険性が極めて高くなる日の暑さに「気づく」ために、前日の17時頃及び当日の5時頃に対象都道府県等に対して発表されます。
(環境省/熱中症警戒アラート https://www.wbgt.env.go.jp/alert.php
熱中症警戒アラートが発表されている日は緊急時以外の外出を控えたり、暑さを我慢せず室内のエアコンを使用して過ごすなど、十分な熱中症予防行動をとりましょう。周囲の環境によってはマスクを外して涼をとることも大切です。

保健室 (5号館1階)

<2021年07月27日 16時09分>