picture

法学部 法律学科 4年 宇佐美 里沙(2011年入学)

法学部で得た知識を武器に、地域活性の一端を、担っていきたい! 法学部で得た知識を武器に、
地域活性の一端を、
担っていきたい!

中学生の頃から、地域のボランティア活動に積極的に参加していた宇佐美さん。その活動を通じて、自然と「将来は地域に貢献したい」という思いが強くなっていきました。地元へのUターン就職を見据えた上で、法学部法律学科へ進学した彼女の4年間を振り返ってみましょう。 中学生の頃から、地域のボランティア活動に積極的に参加していた宇佐美さん。その活動を通じて、自然と「将来は地域に貢献したい」という思いが強くなっていきました。地元へのUターン就職を見据えた上で、法学部法律学科へ進学した彼女の4年間を振り返ってみましょう。

picture
What made you choose your major? What made you choose your major?

法学部法律学科を選んだワケ。 法学部法律学科を
選んだワケ。

中学・高校時代にボランティア活動を経験し、地域振興や地方の行政に興味を持ちました。これらを学ぶことができ、かつ法律からみた行政について追究できることからこの学科を選びました。また、法律はどんな時でも役に立つだろうという期待もありました。

宇佐美さんの亜大ハイライト 武田さんの亜大ハイライト

picture
1年 How was your 1st Year? How was your 1st Year?

法律を学ぶ基礎を、授業で習得。 法律を学ぶ基礎を、
授業で習得。

「入学した直後は、本当に苦しかったんです」と正直に打ち明けてくれた宇佐美さん。実は、法学部に入ったものの、法律学の考え方をなかなか実感することができず、どうしたらよいかと悩んでいたそうです。

そんな思いの中で履修した1年前期の「法学Ⅰ」の講義。初めて法律を学ぶ学生向けの講義ですが、自分で考え、発言しながら進められる講義スタイルのおかげで、法律に対する苦手意識が劇的にやわらいだといいます。

「自分の頭で論理的に考えるためのお手本を教えてもらいました。この授業を受けたことで、4年間、法学部で頑張れるという自信がつきました」。

もうひとつ、1年次の必修科目「基礎数理」は2年次以降での学習や、就職活動の準備にも役立ちました。「基礎数理」は、文系の学生にとって不足しがちな数学の知識を再確認するだけでなく、数学的な考え方を身につけ論理的な思考力を養うことができる講義です。

「正直言って、数理分野に自分から手をつけようとは思えませんでした。でも、3年生になってSPI試験を意識しはじめた時、1年生の早いうちから基礎数理をやっておいて本当によかったと実感しました」。

picture
2年 How was your 2nd Year? How was your 2nd Year?

亜細亜大学新聞の編集長に抜擢される。 亜細亜大学新聞の
編集長に抜擢される。

“活字好き”を自認する宇佐美さんは、1年生の時に友人に誘われ、『亜細亜大学新聞』を発行する新聞委員会に入りました。

「ちょうどその頃、学友会の中に亜細亜大学新聞委員会が組み込まれ、新しい組織として新聞を発行するというタイミングでした。委員会の組織づくりから関われるのは面白そうだと思って入ったんです」。

全学共通科目「文章表現」を受講して書き方を学ぶ傍ら、地域振興を兼ねた企画記事に取り組む宇佐美さん。積極的な姿勢が評価され、2年次には早くも編集長として抜擢されます。

「ひとつ上の先輩の代がいなかったこともあり、2年生の私たちが中心になってやることに。内容の濃い講義を取材したり、亜細亜大学の学生が取り組むボランティア活動等の記事を積極的に取り上げたりして、とても充実した取材をすることができました。先生や大学関係者の方々からお話を聞く機会も多く、仕事について考える機会にも恵まれていたと思います」。 

「ひとつの新聞をつくり上げる工程の中で、組織の中で働くことの楽しさと難しさを体験できた」と語る宇佐美さん。編集長は、4年次の前期まで務めあげました。

picture
3年 How was your 3rd Year? How was your 3rd Year?

ゼミで、自分の将来のビジョンが見えてきた。 ゼミで、
自分の将来のビジョンが
見えてきた。

3年次には、入学前から興味を持っていた「地方行政」をテーマにしたゼミに所属します。

「実際に公務員として働いていた経験を持つ先生だったので、行政現場での法律の活用事例をいくつも紹介してもらうことができました。これまで学んできた法律学が現実味を増して、さらに考えるきっかけとなった気がします。読んできた本について意見を交わすなど、とにかくディスカッションを活発に行いました」。

とりわけ印象深かったのは、ゼミの合宿。日の出キャンパスのある、日の出町に設置されている東京たま広域資源循環組合の二ツ塚最終処分場や、日の出町役場を訪問し、町役場の方々や町政のトップである町長さん町議会議長さんと直接話をすることができました。行政が抱える課題とその解決方法を、現場で学ぶ貴重な機会となりました。

「なかなか体験できない経験だったので、すごく記憶に残っています。ゼミでは討議を重ねたうえで事前に質問書をお送りし、それに基づいてお話をすることができました。行政の仕事というのは、答えがすぐには出てこない複雑な側面を持っていると感じましたね」。

ゼミでの経験によって、自分自身の社会人としてのビジョンが少しずつ見えてきました。

picture
4年 How was your 4th Year? How was your 4th Year?

Uターン就職で、地域振興の要を目指します! Uターン就職で、
地域振興の要を目指します!

入学当初から「将来は地元山形に貢献できるような道を選びたい」と考えていた宇佐美さんですが、地方行政について色々と学んでいく中で、将来公務員として働くか、企業へ就職するか悩んだといいます。

「中学・高校と続けてきたボランティア活動の経験を振り返りながら、どのようにしたら地域に貢献できるかということを考えたとき、地域の中で働くことだけが地域に貢献することではないと考えました。そこで、県をまたいで活動することができる企業への就職を考えました」。

その真っ直ぐな思いが叶い、宇佐美さんは大学卒業後、地元・山形県の銀行で社会人としてのスタートを切ります。

「地元の銀行ですが、県外の銀行と提携していて、中小企業の支援に積極的で、東北地域を盛り上げていく環境づくりに力を入れている企業です。どこに配属されるかはわかりませんが、地域に貢献できる仕事に携わることができるように頑張っていきたいと思っています」。

pictureINTERVIEW
INTERVIEW
  • Q1

    今後の目標や計画はありますか? 今後の目標や
    計画はありますか?

    仕事はもちろんですが、地域貢献につながるボランティア活動なども続け、さまざまな面で活動できたらと思っています。

  • Q1

    受験生へのメッセージをお願いします! 受験生へのメッセージを
    お願いします!

    亜細亜大学の法学部は、卒業後につながる環境が整っていると思います。将来の選択肢が広がるようなプログラムによって自分の将来像が見えてきますし、先生方も、さまざまなバックグラウンドを持つ経験豊かな方ばかりなので、社会人としての心構えも学ぶことができますよ。

その他のおすすめエピソード RECOMMEND ARTICLES