学部・大学院

戻る法律学科

法治国家の大前提となる法律について学ぶのが法学です。社会の基本的なルールとして日常生活に密接に関係するさまざまな法律について理解を深め、法解釈に求められる論理的思考力を養います。

法律学の素養を身につけることで、多種多様な問題解決能力を備えた人材を育成します。

もちろん、AUAP(亜細亜大学アメリカプログラム)、AUCP(アジア夢カレッジ)などで留学しながら、4年間で卒業することができます。

法律学科の特色と4年間の学びをポイントに絞って紹介しています。

目指す方向性に応じて数種類の履修モデルを紹介しています。

いくつかの授業をピックアップして紹介しています。

ゼミナールのテーマと教員名を一覧で掲載しています。

学内の教員に加え、学外の専門家を招き、市民生活にかかわるさまざまなテーマを取り上げています。

行政や経済の現場見学や他大学との合同の模擬討論なども実施しています。

「基礎数理」の履修、ゼミによる社会人基礎力の養成など、幅広く対応しています。  

法律学科の教員一覧です。

〈2016年5月11日更新〉