アジア研究所戻る

アジア研究所

アジア研究所

国際社会におけるアジア 政治・経済の重要ポストを占めるアジア さあ、出かけよう、アジア探訪の旅へ

今なぜアジアなのか?西洋文明が大きな曲がり角を迎える中で、アジアの国々は、ダイナミックな発展を遂げています。こうした時代の流れに「アジア研究所」は、日本およびアジア諸国の社会・文化を対象とする研究を進め、成果を学生、社会人に還元しています。

「アジア研究所」は、次のような事業を行っております。学生の研究活動に助言と指導も行っています。気軽に研究所をお訪ねください。

公開講座・セミナーの開催

「公開講座」を、毎年春に開催しています。一つのテーマのもとに連続して、各講師が専門の立場から講演しています。
アジア研究所の主催で、年4回程度開催します。アジアの社会・言語・文化・政治・経済などの変化や社会情勢などから、タイムリーな話題を取り上げて講演します。

機関誌および研究成果などの刊行

『アジア研究所紀要』(年1回)、『アジア研究所所報』(年4回)を、配布しています。『紀要』からは、専門的な、『所報』からは、一般的な内容を掲載しています。また、プロジェクト研究の成果は『アジア研究所・アジア研究シリーズ』として刊行しています。

『アジア研究所叢書』は、「公開講座」をまとめたものとして、毎年刊行されます。単行書としては「チベット研究文献目録」「チベット研究文献目録」「チベット政治史」が刊行されています。


アジア研究所の紹介

亜細亜大学は、その名称の示す通り、創立以来「日本およびアジアの文化社会の研究と建設的実践に重点を置き、アジア融合に新機軸を打ち出す人材の育成」を使命としてきました。アジア研究所は、亜細亜大学の附置研究所として、研究成果を社会に還元しています。


〈2014年7月9日更新〉

読み込み中です。

読み込み中です。

アジア研究所ニュース

読み込み中です。

亜大最新ニュース

読み込み中です。

お問い合わせ

アジア研究所(学務課)