学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻る授業紹介

アジア経済史

教員からの授業紹介

担当教員:水野 明日香

アジアの国々は、日本や世界の経済とどのように関わり、いかに発展してきたのかを歴史的な視点から学びます。植民地時代に形作られた経済的特徴や開発体制の下での経済発展などを学びます。長期的な視野からアジア経済をみることで、アジア経済に対する深い理解と抱える課題への洞察力を獲得することを目指します。

授業計画

第1回 アジア経済の過去と現在ー大航海時代の始まり 第2回 大交易時代の変容ーポルトガル、スペインとの遭遇
第3回 大交易時代の終焉ーオランダ東インド会社のアジア進出 第4回 イギリス東インド会社のインド支配
第5回 アジアにおける三角貿易とアヘン戦争 第6回 アジアにおける近代の開始とは?-欧米による開港
第7回 プランテーション型植民地経済の成立①ーフィリピン、インドネシアの砂糖 第8回 プランテーション型植民地経済の成立②ーマラヤの錫とゴム
第9回 食糧供給型植民地経済の成立ー仏印、タイ、ビルマの米 第10回 日本の植民地支配下における朝鮮経済の変容
第11回 日本の植民地支配下における台湾経済の変容ー米糖相克問題の発生 第12回 アジア内交易の拡大
第13回 世界経済史のなかでのアジアの位置づけー帝国主義体制の成立 第14回 アジアにおける金融制度の発達
第15回 前期のまとめ 第16回 世界恐慌のアジア経済への影響ー貿易構造の変化
第17回 世界恐慌のアジア各国への波及ー農村社会の変容と経済的ナショナリズムの高まり 第18回 日本の満州経営
第19回 後期の授業の見通し 第20回 第二次世界大戦下の日本の南進と東南アジア経済の荒廃
第21回 中華人民共和国の成立ー中国における土地改革 第22回 1950年代のアジア経済①ー国有企業セクターの拡大
第23回 1950年代のアジア経済②ー国際機関による開発計画、援助 第24回 1960年代のアジア経済①ーベトナム、ミャンマー、カンボジアの社会主義化
第25回 1960年代のアジア経済②ー開発体制の成立 第26回 1970年代のアジア経済②ー工業化戦略と経済的ナショナリズム
第27回 1970年代のアジア経済②ー工業化戦略と経済的ナショナリズム 第28回 1980年代のアジア経済①ー構造調整、インセンティブ改革
第29回 1980年代のアジア経済②ープラザ合意と外資主導の輸出志向工業化 第30回 アジア経済史の課題ー経済成長と民主化

経済成長論

教員からの授業紹介

担当教員: 申 寅容

国の経済成長を左右する要因は何か。200か国以上のクロスカントリーデータを用いてその要因を多角的に分析します。その要因はたくさんありますが、まず、資本ストックの格差を考えます。スコップとショベルカーでは単純にどちらが土を掘る作業がはかどるのか。別の言い方をすると機械を生産にどれくらい利用できるのか。次に、人的資本の格差も考えられます。どれくらいの人が勉強しに大学に行くのか。単純に知識を持っている人の方がそうでない人よりうまくモノを作れるはずです。その他にも、人口成長率、技術、効率性、貿易、政府の政策、文化、地理、気候、天然資源なども経済成長を左右する要因として考えられます。これらの要因がどのように経済成長に影響を与えるか具体的に学びます。

授業計画

第1回 イントロダクション 第2回 経済成長に関する諸事実
第3回 分析のためのフレームワーク 第4回 ソローモデル
第5回 移行経路と定常状態 第6回 ソローモデルの応用
第7回 人口と経済成長 第8回 人口転換
第9回 将来の人口トレンド 第10回 高齢化と経済成長
第11回 人的資本(1) 基本モデル 第12回 人的資本(2) 応用
第13回 収束理論:絶対収束と条件収束 第14回 生産性の測定
第15回 経済成長における技術の役割(1) 1国モデルのオーバービュー 第16回 経済成長における技術の役割(2) 1国モデルの応用
第17回 経済成長における技術の役割(3) 2国モデルのオーバービュー 第18回 経済成長におけ役割る技術の(4) 2国モデルの応用
第19回 内生的成長モデル 第20回 最先端技術
第21回 効率性 第22回 包絡線分析
第23回 成長要因論争 第24回 開放経済の経済成長
第25回 政府 第26回 所得不平等(1) 概要と原因
第27回 所得不平等(2) 経済成長に与える影響 第28回 文化
第29回 地理、気候、天然資源 第30回 地球レベルでの天然資源と環境

社会保障論

教員からの授業紹介

担当教員:権丈 英子

女性が働くようになると少子化は進むのでしょうか。
最近の先進国をみると、むしろ、女性が社会で活躍している国で出生率が回復しています。なぜでしょうか。この講義では、こうした問題をはじめとして、医療、年金、介護、子育て支援、生活保護などの社会保障の様々な制度について、経済学の知識を用いて理解を深め、自ら考え評価する力を身につけます。

授業計画

第1回 社会保障とは 第2回 日本の社会保障制度の概要
第3回 少子高齢化と政策(人口構造の変化) 第4回 少子高齢化と政策(出生率と出産タイミング)
第5回 少子高齢化と政策(少子化の経済学的説明) 第6回 少子高齢化と政策(子育て支援策)
第7回 少子高齢化と政策(国際比較) 第8回 公的年金(高齢者の生活保障)
第9回 公的年金(制度の概要) 第10回 公的年金(歴史)
第11回 公的年金(制度改革) 第12回 公的年金(女性と年金)
第13回 公的年金(非正規雇用と年金) 第14回 公的年金(高齢者雇用と年金)
第15回 医療保障(日本の医療制度の評価) 第16回 医療保障(制度の概要)
第17回 医療保障(支払い方式) 第18回 医療保障(医療サービスの特性)
第19回 医療保障(供給システム) 第20回 医療保障(課題)
第21回 介護保障(介護保険成立の背景) 第22回 介護保障(制度の概要)
第23回 介護保障(課題) 第24回 公的扶助(歴史)
第25回 公的扶助(制度の概要) 第26回 公的扶助(課題)
第27回 障害者福祉 第28回 雇用政策(失業)
第29回 雇用政策(非正規労働) 第30回 社会保障財政とまとめ

基礎会計学

教員からの授業紹介

担当教員:臼井 邦彦

基礎的なミクロ・マクロ経済学の学修者で複式簿記の学修経験がない人を対象として、財務会計論(商業簿記と財務諸表論)と管理会計論(工業簿記と原価計算)の基礎的な知識と基礎的な会計判断・処理能力の修得を目的としています。
具体的には、日商簿記検定試験3級の商業簿記と会計理論、2級の工業簿記と原価計算の知識と処理能力の修得を目指します。

授業計画

第1回 前期ガイダンス(財務会計と複式簿記の概念) 第2回 企業活動と仕訳(しわけ)・勘定記入
第3回 商品売買取引(三分法と分記法) 第4回 現金・現金過不足
第5回 当座預金取引と銀行勘定調整表 第6回 債権債務
第7回 手形取引 第8回 貸倒れと貸倒引当金
第9回 社債と有価証券の売買・評価 第10回 固定資産取引と減価償却
第11回 経過勘定項目と消耗品の処理 第12回 売掛・買掛金元帳と試算表
第13回 純資産会計 第14回 決算整理と精算表
第15回 決算整理と財務諸表 第16回 後期ガイダンス(管理会計と経済学との相互関係)
第17回 可変費用・固定費用と損益分岐点分析 第18回 生産者余剰と直接原価計算
第19回 総合原価計算(1)月末仕掛品の評価 第20回 総合原価計算(2)減損・仕損費の処理
第21回 総合原価計算(3)工程別原価計算 第22回 総合原価計算(4)等級別原価計算
第23回 総合原価計算(5)組別原価計算 第24回 標準原価計算(1)基本的仕組み
第25回 標準原価計算(2)差異分析 第26回 個別原価計算(1)基本的仕組み
第27回 個別原価計算(2)製造間接費計算 第28回 個別原価計算(1)部門別計算
第29回 材料費・労務費・経費会計 第30回 製造業の財務諸表

経済学特講Ⅰ(SMBC日興証券グループ寄付講座)

教員からの授業紹介

担当教員:須永 隆

皆さんが実社会に出ると自らの判断と責任において金融資産形成上の様々な問題に合理的な判断や意思決定をすることが求められます。そのためには「金融リテラシー(知力)」を身に付けることが大切です。金融に関する知識や情報を正しく理解し、自分で主体的に判断する能力を磨けば、豊かな暮らしやライフプランの実現に役立つばかりか、様々な金銭・金融トラブルから身を守ることもできます。講義形態もテーマもバラエティーに富んだものとなっています。

授業計画

第1回 ガイダンス/フィナンシャル・リテラシーの必要性 第2回 経済・金融のしくみ①
第3回 経済・金融のしくみ② 第4回 ライフプランニング(1)/ライフデザインとプランニング
第5回 ライフプランニング(2)/キャッシュフロー表の作成 第6回 金融商品の基礎
第7回 リスクマネジメント:リスクとリターン 第8回 アセットクラスの基礎知識/株式(1)/株式の基礎
第9回 アセットクラスの基礎知識/株式(2)/企業・市場分析 第10回 アセットクラスの基礎知識/債権(1)/債権の基礎
第11回 アセットクラスの基礎知識/債権(2)/金利と債権価格 第12回 アセットクラスの基礎知識/投資信託
第13回 アセットクラスの基礎知識/外貨建て商品、デリバティブ 第14回 ファイナンシャル・プランニング、セーフティネット
第15回 これまでの講義のポイント解説    

経済学特講Ⅲ

教員からの授業紹介

担当教員:布田 功治

民間企業からの長期派遣先地域別ランキング(外務省調査)において、第1位のアジア地域(56%)は第2位の北米(26%)と比べても圧倒的な割合を占めます。まさに、アジアグローバル人材を必要とする時代となっています。本講義では、アジア諸国に長期滞在して働いた豊富な経験を持つ講師陣が、実際に赴任した際に役立つ豆知識から、日本人として必要な異文化理解やアジアで働くことのやりがいや意義まで講義します。

授業計画

第1回 講義前半のイントロダクション(担当:布田 功治) 第2回 中国・香港・台湾に住む 基礎編(担当:高木 純夫)
第3回 中国・香港・台湾に住む 実際編(担当:高木 純夫) 第4回 韓国に住む(担当:水口 泰介)
第5回 インドネシアに住む 基礎編(担当:山根 学) 第6回 インドネシアに住む 実際編(担当:山根 学)
第7回 シンガポールに住む(担当:江崎 貞雄) 第8回 講義後半のイントロダクション(担当:布田 功治)
第9回 ベトナムに住む(担当:嬉 芳明) 第10回 マレーシアに住む(担当:嬉 芳明)
第11回 タイに住む 基礎編(担当:安達 茂樹) 第12回 タイに住む 実際編(担当:安達 茂樹)
第13回 ミャンマーに住む(担当:倭 昌輝) 第14回 フィリピンに住む(担当:倭 昌輝)
第15回 復習、テスト、課題の解説(担当:布田 功治)    

〈2019年5月10日更新〉