学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻る履修モデル

国や地方の行政職を担う公務員として社会で活躍することを希望する学生のための履修モデルです。

国や地方の収税にかかわる公務員として社会で活躍することを希望する学生のための履修モデルです。

株式市場を分析し調査することを専門に行う証券アナリストを目指す学生のための履修モデルです。

会社の納税に関する業務を専門に行う税理士、あるいは財務状態を分析・調査しその会社に助言することを専門に行う公認会計士を目指す学生のための履修モデルです。

現代経済コース
将来どんな進路を選択しても必要となってくる、世界や企業の経済活動を理解する力を備えるために、経済学の基礎から応用までをより幅広く学ぶことに重点を置いたコースです。経済学の基礎である【マクロ経済学】や【ミクロ経済学】、それらの応用分野、国内外の経済情勢などを学ぶことで、さまざまな知識を習得していきます。加えて、習得した知識をフルに活用して課題に取り組み、答えを導き出すという実践を積み重ねていくことで、高度な思考力の修得をめざします。

会計ファイナンスコース
会計や税務、金融をより深く学ぶことに重点を置いたコースです。【基礎会計学】や【税務会計】などの履修を通して、財務や税務といった企業や組織で必要とされる財務・経理の基礎知識を学び、日商簿記 2 級合格レベルの技術を修得することをめざします。また、官庁や企業、研究機関など、さまざまな分野で活躍するスペシャリストを外部講師として招き、最新のビジネス動向について学ぶ機会を増やすことで、日本経済の今後を見極める深い洞察力を身につけていきます。

※コースによって卒業に必要な部門ごとの単位が違います。ただし選択できる科目は同じなので、現代経済コースでも自分にあったペースで会計ファイナンスコースの科目を履修できます。

〈2020年4月1日更新〉