学部・大学院

戻る履修モデル

国や地方の行政職を担う公務員として社会で活躍することを希望する学生のための履修モデルです。

国や地方の収税にかかわる公務員として社会で活躍することを希望する学生のための履修モデルです。

株式市場を分析し調査することを専門に行う証券アナリストを目指す学生のための履修モデルです。

会社の納税に関する業務を専門に行う税理士、あるいは財務状態を分析・調査しその会社に助言することを専門に行う公認会計士を目指す学生のための履修モデルです。


※平成28年度カリキュラムに基づく

2016年スタートの新カリキュラム
現代経済コース
経済を深く理解できるビジネスパーソンを目指します。経済学の基礎から応用までを幅広く学べます。

税務・会計インテンシブコース
経済と会計ができるビジネスパーソンを目指します。1年次からコースの基礎科目を学びます。

※コースによって卒業に必要な部門ごとの単位が違います。ただし選択できる科目は同じなので、現代経済コースでも自分にあったペースで税務・会計の科目を履修できます。

〈2016年5月11日更新〉