学部・大学院

戻るゼミナール(2022年実施)

「ゼミ」とも呼ばれる少人数教育の専門演習は、年間を通じて深い専門性と多角的な視野を身につけることを目的として開設されています。発表やディスカッション、合宿などの活動を通して、学生と教員が信頼感を深めながら、各自が選択したテーマの学修・研究を進めます。

都市経済や地域経済の課題や問題点について、自分の視点で考察できるようになることを目標とする

担当教員


日本経済の直面する課題について、参考文献やデータに基づいて、自分の考えを説明できることを目指す

担当教員


ゲーム理論に関連した経済学実験について過去の研究をサーベイするとともに、自ら実験を企画・運営し、その結果についての分析を行う

担当教員


金融論:国内外の金融市場を読み解くデータ分析手法を習得し、スマートな投資家目線を養う

担当教員


日本経済の発展を主導した産業に関する理解を深め、産業や企業について分析するための知識を習得する

担当教員


現代社会の諸問題、特に仕事と暮らしに関する問題(ワークライフバランス、家族や教育、少子高齢化、社会保障など)を、経済学のツールを用いて考える

担当教員


データ処理やコンピュータ・シミュレーションを行うための必要なコンピュータ言語を習得する

担当教員


欧米経済史の基本事項を解説し、歴史意識を高める。広く経済史に関する知識を習得する

担当教員


企業の経営戦略および組織についてケーススタディを交えながら学習する

担当教員


データに潜んでいる特性を見出し、それを戦略的な意思決定に活用するための機械学習の手法を習得する

担当教員


東南アジアの経済発展を歴史的視点から学ぶ

担当教員


〈2022年4月1日更新〉