学部・大学院

戻る履修モデル

国際経済は、新興国の台頭、世界同時不況の勃発、資源の争奪戦など、激動の時代を迎えています。このコースでは、こうした情勢のなかで、幅広い視野と的確な判断力を身につけ、国際企業人や国際公務員など、世界で活躍できる人材になるために必要な知識を養います。
今日の国際社会は、戦争と復興、独裁と民主主義、安全保障の問題、国連のあり方など、さまざまな問題を抱えています。このコースでは、紛争解決や平和構築の問題を政治と法の側面から学ぶことで、海外で活躍するために必要な広い視野と深い洞察力を持った人材を育成します。
開発途上国の経済発展や貧困、格差、感染症など開発問題と開発援助について、さまざまな角度から学ぶコースです。理論的な科目と現場の実態を考える科目をバランスよく取り入れた科目編成です。問題解決に必要な知識と、知識を現場で活用するための実践力を同時に養います。
1年次後期から、実践的で高度な英語運用能力を習得するための多彩な英語エキスパート認定科目を履修できます。20名程度の少人数のクラスで、Writing、Readingの力だけでなく、英語で自分の意見を発信する力も養成します。3年次からは、国際関係の諸問題を英語で学ぶことも可能です。

〈2017年5月22日更新〉