学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻る国際関係学部

ビジネスを通した経済発展支援だけでなく、多国籍かつ多文化が入り混じることで生じる紛争解決や平和構築などの課題にアプローチできる広い視野と深い洞察力を備えた人材を育てる「国際関係学科」。そして、言語を軸としながら観光や文化、宗教、歴史などの国際教養を深め、多文化共生社会への適応能力を備えた人材を育てる「多文化コミュニケーション学科」の2つの学科で、真の国際人を育成します。

国際関係学科の授業風景

平和のために何ができるのか、さまざまな文化背景を持った人々が理解し合うために何が必要か、地球環境を守りながら経済発展を遂げるために世界はどう協力すべきか。こうした地球規模の課題に取り組むためには「国」という立場を理解することが重要です。各国の培ってきた文化や歴史を尊重する視点、議論や交渉をこなす高い英語力を身につけ、政治や法、経済といった専門性を携えた国際人をめざします。

 

多文化コミュニケーション学科の授業風景

さまざまな文化を持った人と人が、本当の意味で共存するためには、互いの文化の深い理解が必要です。そのために本学科では、文化を学ぶうえで必須となる現地語を極めます。現地語によるコミュニケーションは、その文化の本来の文脈・意味で理解を促し、自分とは異なる人の考えや意見を受け入れる心を育みます。その視点を持って、日本の観光産業の発展や、多文化共生促進の担い手を輩出していきます。

 

特徴的な学びやプログラム

国際関係学部2学科の比較

  国際関係学科 多文化コミュニケーション学科
キャッチフレーズ 激動する世界の構図をつかむ 国境を超える文化、そして社会を皮膚感覚で理解する
主な学習課題 国際社会の現状と課題解決(平和、民主主義、貿易、ビジネス、海外援助、国際機関など)

「経済・ビジネス」「平和政策」「国際協力」の3コース
言語(英語とアジア諸言語)と多様な文化・人びとの相互理解のあり方

「多文化社会協力」「観光多文化」「多文化多言語」の3エリア
中心的学問 国際政治学、国際法学、国際経済学、国際協力、英語(第2外国語は13言語から選択) 文化人類学、比較社会学、観光学、英語および地域言語
代表的進路 民間企業(貿易関連企業ほか) 民間企業(貿易関連企業ほか)
製造業(海外部門ほか) 観光業(旅行会社・ホテルほか)
国際機関職員* 航空会社ほか
中学・高校教員(英語または社会) 地方公務員
大学院進学 通訳・日本語教師*
留学・海外体験 強く推奨(アメリカ・その他)(2年次後期) 強く推奨(アメリカ・その他)(2年次前期)
アジア地域短期研修 自由選択 アジア地域短期研修 強く推奨
TOEIC®目標:600点以上 TOEIC®目標:600点以上

*大学卒業後、さらに資格等が必要な場合もあります。

〈2019年5月30日更新〉