学部・大学院

戻る英語エクスパート

国際的な現場で即戦力として活躍できるレベルの、
高度な英語力の修得をめざします。

授業の様子

国際関係学科では、1年次必修の国際英語Ⅰ・Ⅱに加え、実践的で高度な英語運用能力を習得するための多彩な英語エクスパート認定科目を配置しています。

1年次後期から始まる科目ごとに、一定のTOEIC試験の得点を取得した20名程度の学生を対象として、Writing、Readingの力の強化だけでなく、英語論文作成やプレゼンテーションにも挑戦させることにより、英語を使って自分の意見を発信する力も養成します。

3年次からは国際関係の諸問題を英語で学ぶことも可能です。 1年次必修の国際英語Ⅰ・Ⅱを除く30単位のうち、24単位以上取得で英語エクスパートと認定します。

1年次

国際英語Ⅰ(必修) 国際英語Ⅱ(必修)
  English for International Studies (EIS) Ⅰ
  Academic Writing Ⅰ
  Academic Reading Ⅰ
全員必修の国際英語Ⅰ・Ⅱに加えて、後期からは英語エクスパートを目指す20人程度を選抜方式で募り、Academic Writing Ⅰ、Academic Reading Ⅰで英語の読み書きを強化し、English for International Studies (EIS) Ⅰで国際関係学を英語で学ぶための基礎英語力を身に付けます。

2年次

English for International Studies (EIS) Ⅱ AUAP
Academic Writing Ⅱ
Academic Reading Ⅱ
English Presentation Ⅰ
前期は、留学前の英語力強化をはかるため、引き続き英語での読み書きを強化することに加え、英語でのプレゼンテーションの技術を身に付けます。後期は、5か月間のアメリカ留学(AUAP)となります。ここでは英語力の強化に加えて、異文化体験も重要な課題です。

3年次

Advanced English Presentation International Business Communication Ⅱ
International Business Communication Ⅰ English Seminar Ⅱ
English Seminar Ⅰ Global Business
International Development Global Governance
アメリカからの帰国後、English PresentationⅠ・Ⅱ、International Business CommunicationⅠ・Ⅱで英語力の維持を図ります。また、English SeminarⅠ・Ⅱでは、英語を用いた発表・討論、エッセイの執筆方法等を少人数クラスのゼミ形式で学修します。さらに、英語の講義科目であるInternational Development、 Global Business、 Global Governanceを履修することにより、3つのコースの専門分野を英語で学びます。

4年次

Global Issues Ⅰ Global Issues Ⅱ
特定のテーマについて英語で学ぶGlobal IssuesⅠ・Ⅱを履修することにより、より高度な国際関係の諸問題を英語で発表・討論します。1年次必修の国際英語Ⅰ・Ⅱを除く30単位のうち、24単位以上取得で英語エクスパートと認定します。

〈2017年5月22日更新〉