学部・大学院

戻るゼミナール

フィールドワーク・ゼミナール(2018年度実施)


専門分野:国際金融

概要:金融・財務の基礎を学び、国内やアジアでの企業活動やまちづくりにおける事業計画・資金計画を分析・作成する。

担当教員


専門分野:都市研究、東南アジア研究

概要:主に東南アジアと国内の例を比較しながら、都市の活気や課題解決に観光資源やコンテンツの創造と消費が果たす役割を考えます。都市社会学・文化人類学・地域研究等の関連文献を読む一方で、共同で調査課題を設定し、短期のフィールドトリップやインタビューも行います。

担当教員


専門分野:社会学

概要:都市社会学を中心に、日本国内、アジア、欧米の都市などを研究対象とする。現代の都市や社会問題に関心のある意欲のある人を望みます。

担当教員


専門分野:経営学

概要:学校や図書館など公共施設の公民連携による運営手法について学習し、21世紀型の都市経営を考える。

担当教員


専門分野:経営学

概要:都市化による人々の生活の変化がどのようなイノベーションをもたらしてきたのかを考え、都市化とイノベーションとの関係から、企業の戦略を考察する。

担当教員


専門分野:社会学

概要:現代社会において、私たちはどんなことに幸せを感じ、どのようなつながりの中で生きているのでしょうか。現場で得られるデータや新しい知見をもとに、身近なテーマから国際問題まで、本質を自分で考え抜く力を身につけます。

担当教員


専門分野:スマートシティ、個人情報保護、企業経営におけるIT利用

概要:スマートシティとしての都市作りにおける、具体的なビジネス企画を作成する。(留学先国、日本国内は 問わない)

担当教員


専門分野:事業創造と産業、都市と産業クラスター

概要:ベンチャー起業の仕組み、ノウハウを習得し、ビジネスプランの企画を実践する。具体的な起業を視野に入れた実践演習。

担当教員


専門分野:経営学、商学

概要:産業や企業の視点から世界の都市、地域を調査、分析、考察し、世界で活躍できる力を身につける。

担当教員


専門分野:メディア情報学、感性情報学、ソフトコンピューティング

概要:都市のTIインフォメーションの問題点を取り上げ、具体的な解決案をソフトウェアで作成する。

担当教員


専門分野:経営学、経済統計学、認知科学

概要:企業の戦略的な意思決定の方法論と実践について。

担当教員


専門分野:経営学

概要:ソーシャルイノベーションと技術経営戦略の観点で、フィールドワークデータを対象にした考察を行い、仮説を構築し、報告する能力を身に付ける。

担当教員


専門分野:経営学、地域研究(韓国)

概要:留学対象のアジア6か国の主要都市を対象に、その成長とマネジメント、および首長のリーダーシップや人材育成などについて、チーム単位で比較研究を行い、アジア地域の都市専門家として育成する。

担当教員


専門分野:技術経営(イノベーション)

概要:産学公連携による地域活性化、中小企業の新製品開発やイノベーション創出による地域産業振興について考察し、研究する。

担当教員


専門分野:基礎法学、国際法学、政治学

概要:21世紀はアジアの世紀である。グローバリゼーションの中で、都市と環境の問題、エネルギーと低炭素経済との相関の問題につき、21世紀型の都市部環境経営を考える。

担当教員


専門分野:商学

概要:本ゼミナールでは、まず、経営学領域で主に議論されてきたマーケティング論や消費者行動論の基礎的諸概念を身に着けることから始めたい。そして、それらを援用し「都市」に関する諸問題を議論することを通じて、ただ単に情報を鵜吞みにするのではなく、批判的に物事を捉え自らの頭で考える力を学生諸君に養ってもらいたい。そのため、積極的にゼミ活動にコミットメントできる学生を強く希望する。

担当教員


専門分野:建築学

概要:国内、国外の都市や建築、生活を様々な視点からのフィールドワークを通して、問題解決の切り口を洞察し、実践的なよりよい都市、まちづくりを提案する。

担当教員


専門分野:会計学

概要:会計情報の分析視点に基づき、フィールドワークデータを対象にした考察を行い、仮説を構築し、報告する能力を身に付ける。

担当教員


専門分野:会計学

概要:会計学の観点から、フィールドワークデータを対象にした考察を行い、仮説を構築し、報告する能力を身につける。

担当教員

〈2018年5月18日更新〉