学部・大学院

戻る授業紹介

スポーツマネジメント論

教員からの授業紹介

担当教員:古澤 光一

スポーツには「する」「見る」「支える」という3 つの関わり方があります。中でも注目されているのが、「支える=マネジメント」です。その対象はプロチームから学校のチーム、地域のチームまでさまざまですが、景気動向や少子化など、組織運営や競技人口の増減に影響を与える要因は少なくありません。そこで、営利目的であるか否かを問わず、環境の変化に対応するためのマネジメントが不可欠になるのです。マネジメントに選手としての経験は必須ではありません。興味があれば誰でも勉強しやすい身近さがあるのもスポーツの魅力だと思います。

授業計画

第1回 オリエンテーション 第2回 スポーツマネジメントをめぐる社会的背景
第3回 スポーツ消費者とスポーツマネジメント 第4回 スポーツ用品ビジネスのマネジメント
第5回 スポーツサービスのマネジメント 第6回 クラブビジネスのマネジメント
第7回 スポーツ指導者のマネジメント 第8回 スポーツイベントのマネジメント
第9回 スポーツスポンサーシップのマネジメント 第10回 プロスポーツのマネジメント
第11回 スポーツファンのマネジメント 第12回 スポーツツーリズムのマネジメント
第13回 スポーツとソーシャルメディア 第14回 スポーツと社会的責任
第15回 全体総括    

ホスピタリティ基礎演習(ホテル)

この科目は、学習領域としてホテルを選択した学生が自ら主体となり、「ホテルマネジメント論」科目や「ホテル実務論」で学んだ内容をもとに実態調査を行うことによりホテル業界に関する基本知識を深め、ホテルの具体的な業務内容を理解することを目的としています。

教員からの授業紹介

担当教員:岡 久行

ホテルって、そもそも何なのか?とことん考えてみてほしい。
ホテル、トラベル、フードサービスなどのプロによる実践的な指導が受けられるのが「ホスピタリティ基礎演習」。私は外資系ホテルチェーンで長年働いてきた経験を活かして、ホテル分野を担当しています。2年次の学生に考えてほしいのは、「ホテルってそもそも何なのか?」ということ。設備やサービスの本質について一緒に考えます。現場に関するどんな質問も大歓迎。就職では業界の隅々まで検討したうえで、納得してホテルで働く道を選んでほしいのです。ゼミナール形式の授業では、「ホテルの新サービス」など、色々なをテーマを選んだ発表も実施しています。

授業計画

第1回 オリエンテーション 第2回 業界関連情報の収集、内容分析
第3回 業界関連情報の収集、内容分析 第4回 業界関連情報の収集、内容分析
第5回 業界関連情報のプレゼンテーション 第6回 業界関連情報のプレゼンテーション
第7回 業界関連情報のプレゼンテーション 第8回 テキスト(1章)プレゼンテーションと質疑応答
第9回 テキスト(1章)プレゼンテーションと質疑応答 第10回 テキスト(2章)プレゼンテーションと質疑応答
第11回 テキスト(2章)プレゼンテーションと質疑応答 第12回 テキスト(2章)プレゼンテーションと質疑応答
第13回 テキスト(3章)プレゼンテーションと質疑応答 第14回 テキスト(3章)プレゼンテーションと質疑応答
第15回 夏季課題の説明 第16回 夏季課題まとめ
第17回 夏季課題プレゼンテーション 第18回 テキスト(4章)プレゼンテーションと質疑応答
第19回 テキスト(4章)プレゼンテーションと質疑応答 第20回 テキスト(5章)プレゼンテーションと質疑応答
第21回 テキスト(5章)プレゼンテーションと質疑応答 第22回 テキスト(6章)プレゼンテーションと質疑応答
第23回 テキスト(6章)プレゼンテーションと質疑応答 第24回 テキスト(7章)プレゼンテーションと質疑応答
第25回 テキスト(7章)プレゼンテーションと質疑応答 第26回 テキスト(8章)プレゼンテーションと質疑応答
第27回 テキスト(8章)プレゼンテーションと質疑応答 第28回 テキスト(9章)プレゼンテーションと質疑応答
第29回 テキスト(9章)プレゼンテーションと質疑応答 第30回 業界関連情報の収集、内容分析、プレゼンテーション

ホスピタリティ実務会計論

この授業では、企業(サービス業)における業務処理の流れと証ひょう類を確認したうえで、会計ソフトを利用しながら経営数値をまとめるスキルを学びます。次に、利益計画を策定することができるための知識とスキルを習得し、模擬事例を検討します。

教員からの授業紹介

担当教員:遠藤 誠

ホテルや旅館を例に、宿泊部門・料飲部門といった部門別の「売上」や「経費」の処理方法、「予算」や「原価」の実践的な管理手法を学びます。さらに、企業の財務構造と収益構造の分析や、会計ソフトを利用した決算書類作成、利益計画の立て方も修得。「コンピュータ会計能力検定」3級・2級レベルの実務スキルを身につけます。

授業計画

第1回 授業計画、評価等の説明、利益計算と資金計算の理解 第2回 期間損益計算 財務諸表、簿記原理の復習と利益計算について
第3回 短期利益計画の策定1 損益分岐点の考え方(値引販売の限界) 第4回 短期利益計画の策定2 客室売上高予算と固定費の回収
第5回 年次決算1 会計ソフトの基本操作、業務処理と証ひょう類の理解 第6回 年次決算2 消費税の基礎知識と会計処理
第7回 年次決算3 決算書類の作成と会計データの加工 第8回 決算書類の分析1(部門別・部門共通費)
第9回 決算書類の分析2(収益構造の分析) 第10回 資金会計1 資金繰り表の基礎理解と2区分式の資金繰り表
第11回 資金会計2 3区分式の資金繰り表の作成と原因分析表の作成 第12回 経営資料の作成(財務・収益構造分析と利益計画の検討)
第13回 企業分析(ホテル業、旅行観光業、外食産業など) 第14回 課題の提出と確認 課題内容の検討とフィードバック
第15回

提出された課題の解説 検定試験に対する答案練習とその解説

ワインサービス論

ワインはフードサービスにとって専門的な領域であることからワインに関する歴史的文化的理論を学ぶことを目的としています。具体的には、ワインの概論から始まり、ワイン各論として、フランスワイン、ドイツワイン、イタリアワイン、アメリカワイン、新興地域のワイン、日本のワイン等について、歴史、文化、そして現代産業としてのワイン産業を学ぶとともにワインと料理、ワインとチーズ等についても学ぶ。さらにフードビジネスにおけるワインサービスの実務理論(ワインと価格の関係)やスキル(テイスティング)について学習します。

教員からの授業紹介

担当教員:舟木 茂

授業ではワインに対する理解を深めることを重点に、毎回振り返りの小テストとワインのテイスティングをします。世界の銘醸ワイン産地の特徴、歴史を中心に学び、ワイン産地が形成されてきた過程を理解してもらいます。特にテイスティングではワインの色、香、味わいの表現ができるように、毎回世界のワイン産地の特色あるワインを選定しておこないます。毎回のテイスティングでは全員が集中することを求められますので、少人数での講義となります。

授業計画

第1回 ワインとは(世界のワイン産業について) 第2回 ワイン概論(お酒の中のワイン)
第3回 ワイン概論(ブドウの栽培、醸造) 第4回 ワイン概論(ワインの表現)
第5回 フランス・ワイン(ボルドー地方・近隣の産地) 第6回 フランス・ワイン(ブルゴーニュ地方・近隣の産地)
第7回 フランス・ワイン(シャンパーニュ地方のワイン・近隣の産地) 第8回 フランス・ワイン(ロワール・アルザス・プロヴァンスその他の産地)
第9回 イタリアワイン 第10回 ドイツ・ワイン
第11回 スペイン・ポルトガルのワイン 第12回 アメリカのワイン
第13回 オーストラリア・ニュージーランドのワイン 第14回 チリ・アルゼンチンのワイン
第15回

日本のワイン:(前期:山梨県勝沼にあるワイナリーを訪問して現地にて授業・後期:都内レストランにてテイスティング・ディナーを実施予定)。

ブライダルマネジメント論

ブライダル領域に関するマネジメントの基本的枠組および考え方について学習し、ブライダルビジネスとは何かを社会環境の変遷などを踏まえながら学習することを目的としています。授業内容は、(1)ブライダルの定義と歴史、(2)ブライダル業界の市場動向、(3)ブライダル事業特性と業務内容、(4)収益構造、(5)これからのブライダルと経営戦略などについて講義します。

教員からの授業紹介

担当教員:五十嵐 淳子

ブライダルビジネスは、皆さんが想像している以上に広くて深いものです。この授業では、業界のしくみや業務内容など、ビジネスの基本的な知識や考え方を学習します。さらに社会環境や人々の価値観の変化を踏まえつつ、ブライダルビジネスが果たすべき役割を考えます。

授業計画

第1回 オリエンテーション 第2回 ブライダルの定義と歴史
第3回 ブライダル市場 第4回 ブライダル産業
第5回 婚約・挙式のスタイル 第6回 披露宴のスタイル
第7回 第1回テスト/組織と役割 第8回 ブライダルの業務(新規接客)
第9回 ブライダルの業務(打ち合わせ・施行) 第10回 ブライダルに求められる人材
第11回 ブライダルのマナー 第12回 ブライダルの商品企画
第13回 ブライダルの販売促進 第14回 ブライダル業界で働くということ
第15回 第2回テスト/まとめ

 

〈2017年5月16日更新〉