学部・大学院

戻る特色と4年間の学び

学びの特色

特色1 企業のトップ・ミドルマネジメントを担う人材を育成

経営学科と同等の経営学、会計学、マーケティング、ITに関する科目を学習し、将来の企業経営を担い得るマネジメント的視点を修得します。

特色2 豊富な実践系科目でホスピタリティ・ビジネスの実務遂行能力を育成

研修を伴う科目ではホスピタリティやスポーツホスピタリティビジネスの現場で必要な基礎的スキルを学習し、さらにインターンシップにより同現場での実務的応用スキルを習得していきます。

特色3 業界のグローバル化に対応できる人材を養成

実務コミュニケーションに重点を置いた英語・中国語・手話といった科目により、業界のグローバル化およびバリアフリー化に対応できる人材を育成していきます。

理論実務融合型教育

ホテルやブライダル、フードサービスやパッセンジャーサービス、トラベルといったホスピタリティビジネスだけでなく、スポーツホスピタリティビジネスを取り巻く環境も、国際的なスポーツのイベントを前に大きく変化しています。実践的な研修やインターンシップを通して、授業で学習したホスピタリティの理論を、学生それぞれが描く将来の仕事の現場で体感し、身につけることができます。

高度な実務スキルとホスピタリティマインドを育成

2018年訪日外国人旅行者数が3,000万人を超過し、今後も2020年4,000万人の目標に向けて、バリアフリーの普及、ホテルやブライダル、フードサービスやパッセンジャーサービス、観光といったホスピタリティビジネスに加え、スポーツ業界においてもより高度な知識とスキルならびにホスピタリティマインドを併せ持った人材ニーズが高まってきます。

ホスピタリティ・マネジメント学科では、これまで20年以上にわたり培ってきたホスピタリティ教育のノウハウを活かして、学生一人ひとりをきめ細やかに指導する授業と同一教員によるゼミナール(演習)を主軸としたカリキュラムを展開しています。経営学科と同等のマネジメント科目で基礎的なマネジメントスキルを学習し、ホスピタリティに関する講義、研修、及びインターンシップ科目でホスピタリティスキルを習得し、基礎・応用・総合演習によりホスピタリティマインドを涵養していきます。これにより、マネジメントの基本的考え方を理論的ベースにしたホスピタリティマインドを有する実践的職業人を育成し、未来のホスピタリティおよびスポーツビジネスをリードする人材を輩出していきます。

ホテルビジネス

ゼネラルマネジャー、フロント、コンシェルジュ、セールス・マーケティング、宴会・婚礼など

ブライダルビジネス

ブライダルコーディネーター、ドレスコーディネーター、ジュエリーコーディネーターなど

フードサービスビジネス

ゼネラルマネジャー、店舗プランニング、メニューコーディネーター、カフェ・レストラン起業、食品メーカー、食品流通など

パッセンジャーサービスビジネス

フライトアテンダント、グランドスタッフ、グランドハンドリングスタッフ、空港インフォメーション、空港セキュリティスタッフ、運航管理者、新幹線パーサー、クルーズアテンダントなど

トラベルビジネス

ツアープランナー、ツアーアドバイザー、ツアーオペレーション、ツアーコンダクター、地域観光デザイン、国際観光振興など

スポーツホスピタリティビジネス

スポーツメーカーやスポーツショップのスタッフ、プロスポーツクラブのフロントスタッフ、自治体のスポーツ振興スタッフ、スポーツクラブのスタッフ、スポーツイベントのスタッフ、スポーツプランナー

4年間の学び

※上記画像はクリックすると拡大して見ることができます。

Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社のAdobe Reader(無料)が必要です。Adobe Readerをお持ちでない場合は、Adobe社のホームページからダウンロードしてください。

〈2020年9月26日更新〉