2018.04.20

大会結果

投手陣が好投も惜敗

東都大学野球春季リーグ戦、中央大学との2回戦が行われました。

【試合結果】4月19日(木)対中央大学2回戦
               
 中 大 000110000 2
 亜 大 000010000 1


 

【試合経過】
1回戦とはうって変わり、2回戦は息詰まる投手戦となりました。

亜大の先発は、投手陣のリーダーとしてチームを引っ張る山城大智君(経営4)。初回からテンポの良い投球で4回を1失点に抑え、先発の役割を果たします。5回からは高山大河君(経済2)、平内龍太君(経済2)、内間拓馬君(法2)の3人の継投で1失点にしのぎ、打線の奮起を待ちましたが、相手投手陣の前に山本卓弥君(経済3)のソロホームランによる1点のみに抑えられ、1対2で敗れました。
 

◎チーム唯一の得点となる本塁打を放った山本君コメント
「チームが勝たないと意味がないので、明日も貢献できるように全力を尽くします」

◎主将・頓宮裕真君(経営4)コメント
「投手陣の頑張りに野手陣が応えられなかった。特に4年生たちがノーヒットでは勝負にならないので、明日の試合は自分をはじめ4年生がチームを引っ張り、何が何でも勝ちに行きたい」



次の試合は、4月20日(金)12:00から中央大学との3回戦です。
会場は明治神宮野球場です。
※悪天候などにより日程が変更となる場合がありますので、東都大学野球連盟ホームページで必ずご確認ください。

引き続き、応援よろしくお願いします。


(文責・画像:硬式野球部)

pagetop