2018.04.22

大会結果

接戦を制し、勝ち点を獲得

東都大学野球春季リーグ戦、中央大学との3回戦が行われました。

【試合結果】4月20日(金)対中央大学3回戦
               
 亜 大 000100002 3
 中 大 001000000 1


 

【試合経過】
先発は1回戦と同じく中村稔弥君(経営4)。初回に打球が左足に直撃するアクシデントがありながらも、9回を被安打7、1失点10奪三振の完投勝利。138球の熱投でエースとしての責任を果たしました。

打線は先制された直後の4回表、頓宮裕真君(経営4)が今シーズン第3号となる同点ホームランをライトスタンドに叩き込みます。1対1で迎えた9回表には、矢野雅哉君(経営2)が勝ち越しのタイムリーツーベース、さらに代打の中尾友樹君(経済4)がレフトへタイムリーヒットを放ち、勝負を決めました。

◎完投勝利の中村君コメント
「先に先制点を与えてしまいましたが、すぐに味方のホームランで追いついてくれたので、これ以上絶対に点を与えないつもりで必死に抑えました」

◎勝ち越しタイムリーの矢野君コメント
「まずは勝ち点1を取ることができて良かったです。目の前の1試合を必死に泥臭く戦っていきます。打席では食らいついていく気持ちを持ち、また、球の見極めをしっかりして、一球でも多く投げさせることを意識しています」

◎主将・頓宮君コメント
「自身のホームランよりもチームが勝ち点を上げられたことが嬉しいです。リーグ戦はまだ始まったばかりで、これからも厳しい戦いが続くと思います。チームワークで全員がひとつになって他大学に挑んでいきます」


次の試合は、4月24日(火)13:30から立正大学との1回戦です。
会場は明治神宮野球場です。
※悪天候などにより日程が変更となる場合がありますので、東都大学野球連盟ホームページで必ずご確認ください。

引き続き、応援よろしくお願いします。


(文責・画像:硬式野球部)

pagetop