2018.10.25

トピックス

ドラフト会議で頓宮君、中村君、正隨君が指名

(左から)正隨君、頓宮君、中村君

10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議で、硬式野球部の頓宮裕真君(経営4)がオリックスバファローズから2位指名、中村稔弥君(経営4)が千葉ロッテマリーンズから5位指名、正隨優弥君(経営4)が広島東洋カープから6位指名を受けました。

また、卒業生で現在Hondaに所属する木浪聖也氏(平成28年度卒)が阪神タイガースから3位指名を受けました。

【頓宮君】
子どものころからプロ野球選手になりたかったので、指名を受けて嬉しいです。会議前に仲間から「お前なら行ける」と言われましたが、指名されてその期待に応えられホッとしています。
(オリックスのイメージは?)若い選手が多いので、明るいイメージがあります。
(目標は?)4番を打てるような選手になりたいです。
(対戦したい選手は?)東浜さん(福岡ソフトバンクホークス・平成24年度卒)。東浜さんが、ガクッとなるようなホームランを打ちたいです。

【中村君】
左ピッチャーが次々に指名されて不安がありましたが、ホッとしました。
今はスタートラインに立ったばかり。これから頑張って勝てるピッチャーになりたいです。
プロ野球選手になりたいという目標は、小学校1年生からで、なれると手ごたえを感じたのは東都大学リーグで実績が残せるようになってからです。
(憧れや目標とする選手は?)涌井投手です。
(対戦したい相手は?)東浜さんと投げあいたいです。

【正隨君】
2人が先に指名され、あせりはありましたがホッとしました。選ばれたからには、チームに貢献したいです。1年目はまず、目立つようにアピールして売り込みたいと思います。
(大阪桐蔭高校の後輩がたくさん指名されたが?)後輩だからというのではなく、誰にも負けたくない気持ちはあります。

pagetop