2019.04.17

大会結果

13安打7得点で快勝

△逆転となる2点目のホームイン(5回裏)

東都大学野球春季リーグ戦、立正大学との1回戦が行われました。

【試合結果】4月16日(火)対立正大学1回戦
               
 立正大 000100000 1
 亜 大 00005002× 7


 

△1失点(自責点0)完投勝利の内間君

【試合経過】
4回表に味方の失策で先制されますが、5回裏に四死球でランナーをためると、相手の失策で2対1と逆転に成功。さらに田中幹也君(経営1)、野中翔太君(経営3)のタイムリーツーベースで3点。この回5得点のビッグイニングとなります。
8回裏には代打・黒川貴章君(経営2)、田中幹也君のタイムリーヒットで2点を追加し、計7得点。
田中幹也君は5打数3安打3打点、虎谷貴哉君(経済3)は3打数3安打の活躍でした。

投げては、先発の内間拓馬君(法3)が9回を1失点(自責点0)3安打無四球で見事完投勝利。
7対1で初戦をものにしました。

△7点目となる田中幹也君のタイムリー(8回裏)

次の試合は4月19日(金)11:00から、明治神宮野球場で立正大学との2回戦が行われます。
※悪天候などにより日程が変更となる場合がありますので、東都大学野球連盟ホームページで必ずご確認ください。

(撮影・文責:広報課)

pagetop