2020.11.26

トピックス

内間君が地元・沖縄県本部町へ表敬訪問しました

  • 左から順に平良町長、内間君、生田監督左から順に平良町長、内間君、生田監督

本学硬式野球部の内間拓馬君(法4)が11月24日に地元、沖縄県本部(もとぶ)町に本学硬式野球部生田勉監督とともに表敬訪問しました。

内間君は10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、東北楽天ゴールデンイーグルスにドラフト4位で指名されました。

野球王国沖縄県ですが、本部町からは初めてのプロ野球選手誕生となり、
平良武康町長を始め町民から大歓迎で迎えられました。

翌日25日には、出身校である本部中学校、宜野座高校に訪れ、内間君の野球の原点である本部中学校野球部に軟式ボール40ダース、宜野座高校野球部に硬式ボール40ダースが内間君から寄贈されました。

また、宜野座高校からも初のプロ野球選手誕生であり、多くの教職員、生徒から歓迎のセレモニーなどで迎えられ、上地さとみ校長から「宜野座高校にとって本当にうれしいニュースです。是非、生徒達に夢を与えていただけるような活躍を期待してます。」との暖かいご挨拶をいただき、内間君は「沖縄県民の皆さんに夢を与えられるようなプロ野球選手を目指します。沖縄県のスパースターである大学の先輩でもある東浜さんと先発で投げ合って沖縄県を盛り上げたいと思います。」と挨拶後、場内から「東浜に負けるなよ」との声が飛び交うなど、本人にとって感激の1日でした。

  • 本部中学校野球部員に寄贈ボールを手渡す内間君本部中学校野球部員に寄贈ボールを手渡す内間君
  • 宜野座高校上地校長に寄贈ボールを手渡す内間君宜野座高校上地校長に寄贈ボールを手渡す内間君
pagetop