2020.12.23

トピックス

令和2年度東都大学野球秋季リーグ戦表彰式が行われました

  • 前列左から平内君、虎谷君、後列左から天井君、青山君、右田君、木倉君前列左から平内君、虎谷君、後列左から天井君、青山君、右田君、木倉君


昨日、12月22日(火)に令和2年度東都大学野球秋季リーグ戦表彰式が國學院大學院友会館にて行われました。本学からは6名の選手が個人賞を獲得いたしました。
 
<個人賞受賞選手>
平内 龍太(経済4年) 最高殊勲選手賞、最優秀投手、投手ベストナイン 3冠
虎谷 貴哉(経営4年) 一塁手 ベストナイン
木倉 朋輝(経営3年)    三塁手 ベストナイン
青山美夏人(経営2年) 最優秀防御率
右田 稜真(経営1年) 外野手 ベストナイン
天井 一輝(経営1年) 新人賞
 
<平内君コメント>
亜細亜大学硬式野球部として参加する行事は本日で全て終了となり、さみしく感じます。4年間怪我ばかりでチームに迷惑ばかりかけて来ましたが、最後に貢献できて本当に良かったです。厳しい4年間でしたが、人間的にも大きく成長させていただき本当に感謝しかありません。
 
<虎谷君コメント>
2回目の受賞になりますが、4年最後のシーズンで獲得出来たことが本当にうれしい。間違えなく亜細亜大学硬式野球部は全てにおいて日本一厳しい大学ですが、そこで4年間頑張れたので、胸を張って次の世界に飛び込んで行きます。
 
<木倉君コメント>
夏のオープン戦から打てなくても我慢して使い続けてくれた監督に感謝しかありません。秋季の優勝は、もう既に過去のことであり、他大学の6チームが打倒亜細亜で目の色変えて向かって来ますので、それに負けないだけの準備をしていきたいと思います。
 
<青山君コメント>
平内さんと内間さんの勢いを借りて力が発揮できた。投手の大黒柱二人が抜けてしまうので、自分をはじめ他の投手でどれだけ二人の穴を埋められるかが、連覇へ大きく左右されると思うので、来春は1試合目を任される絶対的エースを目指します。
 
<右田君コメント>
1年生で怖いもの知らずで何も考えず向かって行ったことが良い結果につながったと思いますが出来すぎでした。来春からは各大学からのマークも厳しくなると思います、この成績がまぐれだと言われないように、充分に練習を積んで頑張ります。
 
<天井君コメント>
1年生から使っていただき、東都一部のエース級のボールの凄さを肌で感じることが出来たことは、非常に良い経験になりました。これからはあの球をどう打ち返して行くかが大きな課題となりますが、人一倍練習して克服していくしかないです。来春は首位打者を目指します。
 
以上を持ちまして、今年の硬式野球部の行事は全て終了となります。1年間ご声援いただきありがとうございました。
令和3年1月8日から春季リーグ戦連覇、日本一奪還を新チームの目標に掲げ始動いたしますので、引き続きご声援の程よろしくお願いいたします。

  •      最高殊勲選手賞、最優秀投手、投手ベストナインの3冠を獲得した平内君
pagetop