2021.04.13

大会結果

東都大学野球春季リーグ戦(第3週)駒澤大学1回戦【結果】

  • 駒大打線を2安打完封の松本(健)駒大打線を2安打完封の松本(健)
  • 先制タイムリーの木倉先制タイムリーの木倉

東都大学春季リーグ戦(1部)第3週、駒澤大学との1回戦が行われた。
昨秋のリーグ戦王者の本学はここまで1勝3敗と不調だったが、今秋のドラフト候補に挙がる右腕の松本健吾(経営学部4年)は先週の中央大学戦で2試合に先発し、2試合とも6回までほぼ完璧なピッチングで猛打中大打線を封じたが、7回以降救援陣の投手が撃ち込まれ2連敗を喫し、自ら監督に「駒大戦の先発と完投させてください」と直訴しての登板となった。この日は最速146キロを計測した直球、ツーシームなどの変化球を低めに集めた。5イニングを三者凡退で抑えるなどテンポも良く、計7三振を奪って駒大打線を散発2安打に抑え、有言実行の 2年時秋季以来となる二年ぶりの完封勝利を挙げた。  
打線は、駒大先発の國學大完封で勝利し勢いにのる福山投手から初回に先頭打者の田中幹也(経営学部3年)がいきなりライト線への2塁打で出塁すると、続く折尾昴靖(法学部4年)が確実に犠打で送り、1死3塁から、3番木倉朋輝(経営学部4年)のレフト前ヒットで田中(幹)が生還して幸先良く先取点を挙げた。その後は、亜大松本(健)、駒大福山両エースの息の詰まるような投手戦が続くが、7回表、亜大の攻撃、1死から右田稜真(経済学部2年)がセンター前ヒットで出塁。追加点のほしい亜大は9番小山翔暉(経営学部2年)に1死ながら犠打を命じて、2死2塁とすると、1番田中(幹)が期待に応え、ライト前ヒット。その間に2塁ランナー右田が本塁へ頭から飛び込み、2点目。2対0で今シーズン2勝目を挙げた。
 
<春季リーグ戦 第3週 1回戦詳細>
 
大会名:令和3年度東都大学野球春季リーグ戦(1部)
 
対戦相手:亜細亜大学 対 駒澤大学 1回戦 2対0 勝利 通算2勝3敗
 
次の試合:令和3年4月16日(金) 第2試合(11時30分)神宮球場
     駒澤大学 対 亜細亜大学 2回戦
 
※4月12日㈪ 現在の勝敗
① 中央大学   5勝0敗
② 青山学院大学 3勝2敗
③ 國學院大學  2勝2敗
④ 亜細亜大学  2勝3敗  
⑤ 東洋大学   1勝2敗
⑥ 駒澤大学   1勝2敗
⑦ 立正大学   1勝4敗
(下位2チームが2部優勝チームとの3つ巴の入替戦となる)
 
<生田監督コメント>
「松本健吾は去年の失敗が成長につながっている。期待通りに頑張ってくれた。チームも5試合目にして落ち着いてプレーが出来るようになった。今日勝ったことは、大きな勢いにつながると思う」と目を細めた。
 
・・・生田監督が、松本(健)の「失敗が成長につながっている」の意味について、昨秋のリーグ戦は、松本(健)の1個上の先輩、平内龍太投手( 巨人1位)、内間拓馬投手(楽天4位)両投手の活躍で、26度目の優勝を勝ち取ったが、秋季リーグ戦前の生田監督の構想は、3年生の松本(健)をエースに平内、内間の3本柱でリーグ戦を勝ち抜く構想が出来ていたが、リーグ戦の直前に、寮の掃除当番をさぼったことが見つかり、生田監督の逆鱗に触れ、1シーズンベンチから外され投げる機会を与えられなかった。生田監督は「本人は投げさせてもらえると思ったかもしれませんが、チームのルールを破る選手は使わないと日頃から選手には言っている。しかも、エースという立場の選手がさぼるなど許すわけには行かないと」そんな意味が込められていたことを明かした。
しかし、 もともと研究熱心な面は生田監督も認めるところで、3月にはプロ選手も多数訪れる鳥取市のトレーニング研究施設「ワールドウィング」に武者修行に出かけて、良いものを取り入れて行こうという意欲が大きく成長させ、今シーズンの投球につながっている。
 
<松本健吾投手コメント>
今日は、
自分ひとりで投げきるつもりでした。終盤にちょっとボールが弱くなった。もっと練習しないとダメです。まだまだ、とてもほめられる内容ではないです。
昨年は自分の身勝手な行動からチームに迷惑をかけ、自分自身も苦しい時間を過ごしたが、自分を見つめ直すいい機会になったと思います。野球をやっているだけじゃダメなんだと本当に良い勉強になりました。」
「昨年は1個上の先輩の背中を見てきた。平内さん以上の活躍ができるようにやっていきたい」
投手陣の柱となることを誓った。  
 
「チームはこれで2勝3敗と浮上の兆し。生まれ変わったエースを中心に、昨秋王者が、連覇に向けて巻き返しを狙う
 

  • 2安打と活躍した折尾と学生コーチ小布施2安打と活躍した折尾と学生コーチ小布施
  • 攻守に大活躍の田中(幹)攻守に大活躍の田中(幹)
  • 指名打者に抜擢され期待に応えた2年生永尾指名打者に抜擢され期待に応えた2年生永尾
  • チャンスに盛り上がる亜大ベンチチャンスに盛り上がる亜大ベンチ
pagetop