2021.04.16

大会結果

東都大学野球春季リーグ戦(第3週)駒澤大学2回戦【結果】

  • タイブレイク10回のピンチを抑え吼える松本投手タイブレイク10回のピンチを抑え吼える松本投手
  • サヨナラの瞬間喜ぶ亜大ナインサヨナラの瞬間喜ぶ亜大ナイン



東都大学野球春季リーグ戦の(第3週)駒澤大学2回戦が行われ、タイブレイクの接戦をものにして、3勝3敗の5割に戻した。既に本学にとって連覇を狙うには、1敗も出来ない状況の中、駒大2回戦では、1回戦で2安打完封勝利をあげた、松本健吾(経営学部4年)を先発におくる万全の体制で挑んだ。試合は、初回1番田中幹也(経営学部3年)がライト線2塁打で出塁すると2番折尾昴靖(法学部4年)が確実に犠打で送り、1死3塁から、3番木倉朋輝(経営学部4年)のライト前ヒット、田中(幹)が生還して幸先良く先取点を挙げた。
1回戦の借りを返そうと燃える駒大打線も2回表、5番新田がライトへのソロ本塁打ですぐさま同点に追いついたが、後続を松本が抑えた。1対1で迎えた2回裏、天井一輝(経営学部2年)のレフト線の2塁打で出塁すると、続く右田稜真(経営学部2年)バントで送り、続く小山翔暉(経営学部2年)死球で出塁し、1番田中(幹)のセカンドゴロ間に天井が生還して逆転に成功した。その後、亜大松本、駒大福山の1回戦に続く投手戦が繰り広げられ、このまま逃げ切るかに思えた、終盤7回に4番鵜飼に同点ホームランを浴び、2対2の同点に追いつかれ、両投手の好投で2対2で9回を終了した。決着は、連盟規程によりタイブレイク(無死1塁・2塁からの攻撃)となった。
無死1塁・2塁の駒大10回の攻撃を松本が意地の投球で無失点に抑えると、流れは完全に本学へとなり、無死1塁・2塁で4番黒川貴章(経営学部4年)がバントで送り一死2塁・3塁のサヨナラのチャンスで代打阿部大弥(経済学部4年)が送られ、亜大伝統の根性の四球で一死満塁とすると、代打キャプテン後藤が送られ、セーフティースクイズが成功してサヨナラで接戦をものにした。1回戦に続き、松本(健)が10回2安打2失点の完投で2勝目をあげた。
日頃から生田監督が掲げる、大学野球は4年生が頑張らなければ、良いチームは作れないという言葉は選手達にのり移ったかのように、4年生の頑張りで勝利した。
 
<春季リーグ戦 第3週 2回戦詳細>
 
大会名:令和3年度東都大学野球春季リーグ戦(1部)
 
対戦相手:亜細亜大学 対 駒澤大学 1回戦 3対2(延長10回 タイブレイク) 勝利 通算3勝3敗
 
次の試合:令和3年4月26日(月) 第1試合(9時)神宮球場
     亜細亜大学 対 青山学院大学 1回戦
 
※4月16日㈮ 現在の勝敗
① 中央大学   6勝0敗
② 亜細亜大学  3勝3敗  
③ 青山学院大学 3勝3敗
④ 國學院大學  2勝2敗
⑤ 東洋大学   2勝2敗
⑥ 駒澤大学   1勝3敗
 
⑦ 立正大学   1勝5敗
(下位2チームが2部優勝チームとの3つ巴の入替戦となる。1校が1部へ)
 
<生田監督コメント>
補欠で3年間1度も試合に出たことないキャプテンがど根性で試合を決めてくれた。代打で打席に入る前にスクイズとエンドラン、どっちがいいと聞いたら」「監督さんに任せます。どちらでも自信があります」と言うので「じゃあ、いつも練習しているスクイズでいくぞ」と伝えたら。「後藤の目が輝いていたので、スクイズの覚悟を決めました」スクイズ成功、記録上はサヨナラ内野安打。後藤にとって、公式戦初安打でもあった。後藤は常に生田監督の隣が定位置。「いろんな学生と接してきたが、これだけ自分が悪者になってでもチームのために尽くす学生は見たことない」 
「今日は、疲れました。打てないチームはスクイズで点を取るしかありません。満塁なので(相手は)とにかくストライクが欲しい。(ファウルの後も)ウエストはないだろうと、サインを出しました。投手が最少失点で抑え、少ないチャンスで使う選手がバントやスクイズを決める。それが、うちの野球。1日何千球もバント練習をしてますので、目をつぶっても出来るぐらい体にしみ込んでます。できて当たり前です」と話した。 
 
<後藤主将コメント>
「一死満塁となった時には、絶対に代打でスクイズと思っていた。動揺も緊張もなかったです」「生田監督から打席に入る前にスクイズとエンドランどっちがいいと聞かれましたが、どちらも決める自信があったので、任せますと伝えたら、スクイズのサインが出たので、絶対、失敗しないというだけの練習は毎日してますので、1日8時間バント練習だけした日もあります。夢の中でもバント練習をしてます。「やっとチームに貢献できました。」と晴れやかな表情を浮かべた。
3年間補欠の後藤は、人間性を買われ主将の重責を担う。今春に公式戦デビューを果たし、「亜細亜大学硬式野球部にはスターはいらないんです。全員が一つになって強いチームを倒すが亜細亜の伝統です。それがブリキ軍団です。」と胸を張って言った。
 
<2試合連続完投の松本投手コメント>
2対1でリードして中盤まで迎えながら終盤のあそこで(7回)同点本塁打を打たれるようでは、真のエースとは言えないですね。チームに迷惑をかけたが、同級生の仲間が必死で得点を取ってくれ勝星をプレゼントしてくれた。監督さんからまた、へぼピッチャーと怒られると思いますが。次戦は同率の青学との試合になりますので、完封して野手陣に恩返しをしたいと思います。
監督さんからもナイスピッチングと言われるようなピッチングをします。

 

  • 打席に入る前の後藤主将打席に入る前の後藤主将
  • 不動の4番打者黒川不動の4番打者黒川
  • 2年生ながら、先輩松本をリードする小山2年生ながら、先輩松本をリードする小山
pagetop