2021.05.01

大会結果

東都大学野球春季リーグ戦(第5週)青山学院大学2回戦【結果】

  • ロングリリーフで好投、勝利を引き寄せた市川投手ロングリリーフで好投、勝利を引き寄せた市川投手
  • 勝利を決める本塁打の木本選手(左)・折尾選手(中)・松本(健)投手の4年生トリオ勝利を決める本塁打の木本選手(左)・折尾選手(中)・松本(健)投手の4年生トリオ

 

東都大学野球春季リーグ戦(1部)第5週(2回戦)、3試合が行われました。
本学の対戦相手は、1回戦に引き続き青山学院大学ですが、1回戦ではまさかの完封負けを喫しているだけに、もうこれ以上負けられない本学の先発は、故障でリーグ戦に出遅れ、ここまで登板のなかった青山 美夏人(法学部3年)。昨秋、最優秀防御率投手に輝いた実績の持ち主に、大事な一戦を託したが、1回、2回に4安打を浴び、何とか2度に渡るダブルプレーで無失点に抑えたが、予想以上に故障明けのブランクが大きく2イニングで降板した。

最も輝きを放ち期待に応えてくれたのが、3回から6回までの4イニングを2安打、無失点と強力青学大打線を封じ込んだ、市川 大晴(経営学部2年)のピッチングがチームを生き返らせました。7回からは、先発の柱である松本健吾(経営学部4年)が3イニングを危なげなくピタリと締め、青山、市川、松本(健)の3人リレーの完封で2点を守り切りました。                                    打線の方では、先発仲澤、森、エース松井と小刻みに投入してきた青学投手陣を打ちあぐみましたが、本学が1点リードで迎えた、7回この試合5番に抜擢された木本 凌雅(経済学部4年)が、1回戦で完封されたエース松井の142キロのストレートをとらえ打球は左翼席へ。苦労人木本のリーグ戦初安打が初ホームランとなりました。試合がない3日間は、控え選手のアピール合戦だ。全員がチャンスをつかもうと、必死にプレーする。木本もその一人だった。チームは26日の青学大1回戦は0―5で敗れた。その試合ではベンチに入っていなかった木本は、その後の紅白戦で結果を残し、今季初スタメンのチャンスを得ての勝利に導くホームランをかっ飛ばしました。連覇の可能性は、かなり低いですが可能性がある限り最後まで諦めずに戦っていただきたいと思います。                                                                                           

<生田監督コメント>                                                                                        「青山を使ってみたくて先発させたがダメだった。市川は、ある程度計算できると思っていたが、期待に応えてくれた。市川の真っすぐは動くので同じボールがないのが特長。カットを投げたと思えば真っすぐに。真っすぐがカットに、と微妙に動く球で、打者を翻弄(ほんろう)。オープン戦でも、社会人野球の打者がスイングにならなかったという。もう少し長い回を任せて自信をつけてもらう考えもあったが、松本は3イニングと決めていたので」と生田監督は振り返った。一方、打のヒーロー木本の本塁打には、「木本は高校時代これ以上ない活躍で鳴り物入りで入学してきたが、大学では全く結果が出なく3年間悩んでいたが、腐らずコツコツ練習を重ねて来た苦労人である。青学大1回戦敗退後に3日間行われた紅白戦で調子が良かったので使ってみようと思ったと5番に抜擢した。」まさかホームランが出るとは、ダメだと言われ続けて来た4年生の一振りに目を細めた。

<本塁打を打った木本選手コメント>                                                                                 「自分の力不足で結果が出なかった。必死に毎日、練習してきた。打った瞬間、感触は完ぺきでした。思い切って行った結果がボールに負けないスイングが出来ました。先日、4年生だけ集まってミーティングを行った際、崖っぷちに追い込まれてからが勝負だ、過去の先輩達も崖っぷちに追い込まれてから何度も優勝している。1%でも優勝の可能性がある以上、絶対にあきらめない。監督さんからは今年の4年生はダメだと何度も言われて来たが、自分たちにも意地があります、絶対に奇跡を起こすぞと4年生で誓い合いました。亜細亜大学のユニホームを来て勝負する以上、簡単に諦めるわけには行きません。」

 

<ロングリリーフで勝利を導いた市川投手コメント>                                                                       「後ろに松本健吾さんが控えていたので、先の事は考えず全力で行けるところまで行こうと必死に一人ひとりを抑えにいった。全力で投げて打たれるのは仕方ないと開き直れたのが良い結果につながった」持ち味のムービングボール(打者の手元で動くボール)を投げ込み、打たせてとった。                                                              市川は、憧れの先輩である阪神高橋遥人投手の後を追いかけて来た。同じ地元で家も近所「常に励ましてくれます」小学校時代は「西奈少年野球スポーツ少年団」、高校は常葉大橘。そして亜大と同じ道を歩んできた。「いつも、遥人さんの背中を追いかけてきました。憧れであり、目標でもあります」と胸を張る。現在の最速は148キロ。高橋投手の大学最速151キロ、そしてドラフトへ。市川は先輩高橋遥人投手に少しづつ追いついて行こうと夢はますます広がります。

<4月30日現在 順位・勝敗・後半戦の対戦校>
 
① 中央大学   8勝2敗 残りの対戦校:國學院大學
② 國學院大學  6勝2敗 残りの対戦校:立正大学・中央大学
③ 亜細亜大学  4勝4敗 残りの対戦校:東洋大学・立正大学  
③ 東洋大学      4勝4敗 残りの対戦校: 亜細亜大学・駒澤大学
 
⑤ 青山学院大学 4勝6敗 残りの対戦校:駒澤大学
⑥ 駒澤大学   2勝6敗  残りの対戦校:立正大学・東洋大学
⑥ 立正大学   2勝6敗  残りの対戦校:駒澤大学・亜細亜大学
 
次の試合(第5週):令和3年5月6日(木) 第2試合(11時30分)神宮球場
          亜細亜大学 対 東洋大学 1回戦 (無観客)

  • 7・8・9回を完璧に抑えた松本(健)投手7・8・9回を完璧に抑えた松本(健)投手
  • キャッチャーフライを捕球する小山捕手キャッチャーフライを捕球する小山捕手
pagetop