2021.09.21

大会結果

東都大学野球秋季リーグ戦(第2週)駒澤大学1回戦【結果】

  • 貴重な先制点を挙げた古山
  • 好投で勝利をつかんだ松本


本日、神宮球場にて駒澤大学との第1回戦が行われました。
現在、駒澤大学と本学の両校が2勝0敗と首位で並んでおり、勢いに乗るチーム同士の戦いであります。
 
本学の先発は先週の青山学院大学との試合で2戦とも先発を任された、松本がマウンドに上がります。
青山学院大学との試合では2戦ともに悔しい途中降板であり、本人も今日こそはという気持ちで挑みました。
試合は序盤、本学の松本と駒澤大学のエース福山の幸先の良い立ち上がりにより
ゆっくりと試合が進んでいきました。
1回2回と互いにランナーは出しますが、得点は許しません。
試合が動いたのは3回、四球から送りバントの処理のミスで無死2、3塁のチャンスを作ると、
2番古山のライトへの犠牲フライで1点を先制します。
なおも1死3塁の場面で、開幕カードでホームランを2本放っている好調の木倉が3試合連続打点となるレフトへのタイムリーヒットで1点を追加し、2-0とします。
 
その後、5回先頭打者の木本がツーベースヒットで出塁し、犠打で送り1死3塁とすると、
3番木倉の内野ゴロの間に木本がホームに生還し追加点。亜大らしい点の取り方でリードを広げます。続けて4番の黒川が四球で出塁2死1塁の場面で、5番の折尾がライトへのスリーベースヒットでさらに1点追加4-0とリード拡げ、ゲームを折り返します。
 
グラウンド整備が終わり後半の6回表、先頭の天井がヒットで出塁、犠打で送り1死2塁とし、ここで2塁走者の天井が三盗をきめ、1死3塁のチャンスとするとバッテリーミスの間に1点を奪い5-0とし、順調に試合を進めていきます。
 
6回裏、駒澤大学の攻撃、ここまで好投を続けてきた松本ですが、
8番打者にソロホームランを浴び、1点を失いますが、そのあとはしっかりと後続を切り、6回を1失点。先発投手の役目を果たし、マウンドを降ります。
 
7回からは、開幕戦でクローザーとして登板した青山がマウンドへ。
やや制球が乱れる場面も見られましたが、3回を投げて被安打3、与四死球1、三振を3つ奪う投球を見せ、危なげなくリードを守りきりました。
この試合は出塁したランナーをしっかりと犠打や足を絡めれた攻撃で進めて、
チャンスで1本を出しての得点、守っては投手がしっかりと2点以下に抑えるという亜大らしい勝ち方で勝利いたしました。
 
これで本学は唯一の開幕3連勝とし、単独首位に躍り出ました。
明後日の試合に勝てば大きなアドバンテージ、負ければ駒澤大学とイーブンという
リーグ戦序盤ながら大きな分かれ目の試合になります。
ぜひご声援のほど、よろしくお願いいたします。
 
【試合後のコメント】
・生田監督
「うちは打てない。昭和の野球でやらせてくれと選手につたえていた。」
その言葉通り1試合7犠打という亜大らしい野球で勝利をつかんだ
 
・松本健吾投手
「今日はリズムよく投げることができた。変化球をうまく使えました。今日は何としてもチームを助けたかった。」
ドラフトについて
「正直なところまだあんまり考える余裕がないです。リーグ戦に集中しています。結果にこだわってやっていきたいです。」
 
本日の結果
9/21(火)
神宮球場 8:30   1回戦 亜細亜大 5-1 駒澤
神宮球場 11:30 1回戦    國學院大 1-0  青学
神宮球場 14:30 1回戦    中央大  0-1  日本

現在の順位
1 亜細亜大学  3勝
2 駒澤大学   2勝1敗
2 國學院大學  2勝1敗
2 日本大学   2勝1敗
5 青山学院大学 3敗
5 中央大学   3敗
 
次戦は9/23(木)神宮球場で1試合目に駒澤大学との試合になります。
上位同士の負けられない対決となります。
ぜひ球場にお越しいただき応援よろしくお願いします。
お越しできない方も東都連盟のHPにてライブ配信がありますのでご覧になってください。

  • 開幕から三試合連続打点を挙げている木倉
  • 攻撃の起点をつくった天井
pagetop