2019.10.08

大会結果

7勝2敗で最終週へ

関東大学バスケットボール4部リーグ戦、第11節・第12節の報告です。

【試合結果】
<第11節>10月5日 
 亜細亜大学 75-62 横浜国立大学
     
(17 1Q 18)
     (16 2Q 12)
     (25 3Q 18)
     (17 4Q 14)

<第12節>10月6日 
 亜細亜大学 95-87 武蔵野大学
     
(25 1Q 10)
     (23 2Q 21)
     (29 3Q 25)
     (18 4Q 31)

【試合内容】
<第11節>
Dブロック1位通過の横浜国立大学との1戦。序盤から相手の速攻に苦しめられ、得点を抑えることができませんでした。しかし、第2ピリオド以降は、相手のガードを高い位置からマークし、速攻での得点を抑え、ハーフコートオフェンスを強いることに成功しました。その結果、ハーフコートでしっかりディフェンスをし、リバウンドから本大学が速攻で得点を重ねることに成功し、一気に引き離し勝ちパターンに持っていくことができました。

本学は下級生主体のチームですが、リーグ戦中はスタートの4年生が気迫のディフェンスを見せ、チームを勝利に導いています。 

<第12節>
対戦相手の武蔵野大学は、上位リーグでは未勝利のため、絶対取りこぼしのできない試合となりました。序盤から相手エースのシュートが良く決まり、結果的にエース1人に58得点も許してしまいましたが、ベンチメンバー15人全員の出場で勝利することができました。

現在、5チームが上位リーグ7勝2敗で並んでいますが、本学以外の4チームは最終週に直接対決が残っており、2敗でリーグ戦を終えられる可能性があるのは、本学と1位通過チームのうち1チームのみとなります。そのため、最終週に連勝できれば、3部への自動昇格が決定します。
(※4部24チーム中1位、2位が自動昇格、3位、4位が3部10位、9位との入れ替え戦)

最終週の相手はAブロック3位通過の上智大学とDブロック3位通過の首都大学東京です。上智大学は入れ替え戦の可能性を残している強敵ですが、長年の目標である3部昇格まで手が届くところまできています。
必ず勝ちますので応援のほどよろしくお願いいたします。


(文責・画像:バスケットボール部)

pagetop