2020.11.24

大会結果

関東大学バスケットボール連盟オータムカップ2020(3部)【結果】 

関東大学バスケットボール連盟オータムカップ2020(3部)に出場しました。


【試合結果】
 11月14日 

  亜細亜大学 63-73 西武文理大学
     (24 1P 20)
     (15 2P 15)
     (9   3P 19)
     (15 4P 19)

 

<9位~12位決定戦 1回戦>
 11月21日 
 亜細亜大学 88-93 明治学院大学
     (17 1P 28)
     (14 2P 20)
     (16 3P 23)
     (34 4P 10)
             (7  OT 12)
   

<11位決定戦>

 亜細亜大学 - 文教大学
               不戦勝 

【総合順位】 
3部11位(関東35位) 
※今年度は昇格・降格が無いため2021年度も3部リーグ所属となります。

【試合内容】 
1回戦は、2018年度リーグ戦、2019年度新人戦でも対戦し、2度大差で負けている西武文理大学戦が相手でした。 前半いいリズムでシュートを決めることができリードする展開でしたが、後半から相手のプレッシャーディフェンスやアーリーオフェンスへ対応できず、最後は10点差で負けてしまいました。しかし、バスケの10点差はそこまで大きな点差ではないこと、昨年や一昨年に対戦した時よりも点差を縮めることができたことは自信にもつながりました。 

9位~12位決定戦1回戦の相手は、明治学院大学でした。 序盤から第3ピリオドまで、相手の高さやフィジカルを活かしたディフェンスに苦しみ全くリズムを作れない展開で大きなリードを許していましたが、第4ピリオドからプレスディフェンスをしかけ、オフェンスでは4年生の3ポイント、気持ちの入ったリバウンド・ルーズボールを見せ、一気に24点差を追いつき延長戦にまで持ち込むことができました。 しかし、そこで勝ち切れなかったことは大きく延長戦では終始リードを保たれ、5点差で負けてしまいました。

昨年度4部優勝を果たし、3部に昇格して初めての大会となりましたが、レベルの高さを肌で感じることとなりました。特にディフェンス力、シュート力、フィジカルの面で本学は劣っており、課題の残る大会となりました。4年生はこの大会で引退となりますが、4年生が築いたチームの文化を3年生以下が引継ぎ、来年3部で1試合でも多く勝てるように努力してまいりますので、応援のほどよろしくお願いいたします。

 

(文責・画像:バスケットボール部)

pagetop