2021.04.25

大会結果

東都大学準硬式野球春季リーグ戦(3部)第3戦目【結果】


準硬式野球部 春季リーグ 第3戦目

チーム   123456789

筑波大学  002022020 8
亜細亜大学 001420002 9
 
投手 二井谷(4 2/3)ー佐伯(4 1/3)
捕手 坂本
 
試合内容
序盤、先発の二井谷は制球が乱れることがあったが、無失点で抑えた。試合が動いたのは3回。相手に先頭打者ヒットを許すとその後も連続してヒット、そしてエラーも絡み2点を失う。しかしその裏、先頭の土岐がヒットを打つ。次の門馬が送りバントでチャンスを作ると1番の寺越がショートのエラーを誘い、1点を奪う。
そして4回、相手の制球が乱れ、坂本と森が四球、8番の土岐がライト前を打ち坂本が生還。さらに9番の門馬が右中間の打球を打ち、森と土岐が生還する。また1番の寺越がショートに打ち、送球エラーをしたところ、門馬が生還し、この回一気に4点を奪う。
5回、二井谷に疲れが見え、四死球とヒットが絡み、2点を失う。その裏、坂本がライト前に打つと鈴木が四球、そして森がレフト前に打ち、坂本が生還。また宮根がスクイズを決め、鈴木が生還し、この回2点を奪う。
6回、5回途中で代わった佐伯が投げるが、ヒットと四球が絡み2点を失う。さらに8回も連続ヒット許し、2点を失う。
そして1点ビハインドで迎えた9回、先頭の坂本がサードにエラーを誘い、次の鈴木がセンター前ヒットを打つ。ここで鈴木に代走が送られ飯島が入る。2アウト1、3塁の状況で宮根の代打で小野寺が入り、打った打球がショート飛び、1塁に投げている間に坂本が生還する。そして2アウト3塁の状況で、門馬が右中間を越える打球を飛ばし、サヨナラ勝利を収めた。
 
坂本(主将)
昨年3部で優勝した筑波大学に1勝できたのはとても大きいです。今回の試合も点数が大きい試合になってしまいしたが、選手全員が最後まで諦めなかったことで、サヨナラという形で勝つことができたと思います。次回の試合も選手一同頑張りますので、応援の程、よろしくお願いいたします。
 
門馬(サヨナラヒット)
点を取るべき場面で打てたのが良かったです。ずっと負けていた相手に対してサヨナラという形で一勝できたのはチームにとって大きいと思います。この流れで1試合1試合勝っていきたいです。
 
 
 
 
 

pagetop