2021.06.09

大会結果

東都大学準硬式野球 THE ROOKIE TOURNAMENT(予選リーグ)

チーム    123456   計
亜細亜大学  0020×     2
日本体育大学 1086      15
 
 
試合内容
1回裏、一死からヒットと四球でランナーを出し、ライトへの適時打で一点を先制される。
3回表、先頭の齋藤がレフトへ三塁打を放ち、続く小田島の初球スクイズで一点を返し、三連打で満塁を作ると、3番森山の犠牲フライで勝ち越しに成功。
3回裏、先頭に死球、続く打者にも四球を与え、一死1・2塁から本塁打を浴び3点、その後も三連打でピンチを招き、2つのエラーと犠牲フライでこの回8点を失う。
4回裏も、3つの四球と3本のヒットで6点を失い、15対2と大きく差が開く。次の回の攻撃で点を返すことができず、大会規定でコールド負けとなる。
 
森山(主将)
格上のチームとの対戦でしたが、この試合の負け方は不甲斐なかったです。しかし、この大敗にも次に繋がる課題、収穫がいくつか見つかりました。課題についてはピッチャーの先頭打者にフォアボールを与えてたことをきっかけに、守備のエラーが絡み失点してしまい掴みかけていた流れを相手に渡してしまいました。収穫についてはいままで決まってなかったバントの成功や、しっかりチャンスで点数を取れたことが挙げられます。課題はまだまだありますが、試合を通して収穫があったことはよかったと思います。これから新人戦はまだありますので今日出てきた課題などを改善できるように精進していきます。
 
 
小田島
転がせば帰ってきてくれると信じて打席に立ちました。役割を果たせてよかったです。

pagetop