2021.03.14

大会結果

「アミノバイタル」カップ関東大学サッカートーナメント大会 東京都予選1回戦【結果】

2021年度本学、サッカー部の公式戦初戦である「アミノバイタル」カップ関東大学サッカートーナメント大会 東京都予選 1回戦が行われました。
前日から続く大雨が当日も続く大荒れとグランドには水が溜まるほどの最悪のコンディションの中、昨年まで同リーグに所属していた玉川大学との対戦となり、最後まで緊張感と集中力を欠かさず攻め続けた本学サッカー部が4対1の圧勝で初戦を突破しました。
 
<試合の詳細>
 
◇大会名:アミノバイタルカップ関東大学サッカートーナメント大会 東京都予選
 
◇対戦相手:亜細亜大学(東京都1部)対玉川大学(東京都2部)
 
◇結果(結果点数): 前半(3-0)  後半  (1-1)   計4-1 勝ち
 
◇次の試合の日時・場所・対戦相手:
 3月20日(土)11:00キックオフ 亜細亜大学日の出キャンパス
   学習院大学(東京都1部)対 東京都立大学(東京都2部)の勝者
 
 
(小島監督コメント)
 今年はじめての公式戦。試合ができる喜びを感じ、大学のご理解とスポーツ振興センターの方々の必死な感染防止のおかげで開催できることに感謝申し上げます。
 試合は、昨年同じリーグ(東京都2部)の玉川大学。 「アミノバイタル」カップは  トーナメント大会で一発勝負の一戦一戦気の抜けない試合になります。
初戦は前日から続く雨でグラウンドコンディションが最悪のため、最後まで集中力を欠かさずシンプルなプレーで相手陣内に押し込んでいくとチームに徹底させました。
試合展開は相手のファールで、ペナルティーエリア中央付近から、直接フリーキックを新4年生の松本楓太(富山第一高校出身)がで決め、先制点。
その後コーナーキックからのこぼれ球を新4年生野村(大宮東高校出身)が決め追加点。同じくセットプレーからのこぼれ球を新3年生渡邊(ヴァンフォーレ甲府ユース出身)が頭で押し込み3-0。後半、押し込まれる時間があり、失点。ラスト、アディショナルタイムに点を奪い4-1の勝利。
 昨年の4年生のレギュラーメンバーの大半が抜け、経験の少ないメンバーの新チームの初戦ということで心配もありましたが、最後まで気を抜くことがなく、一人一人が役割を果たしていただき、合格点を与えられるナイスゲームでした。この大会はトーナメントと一発勝負ですので、勢いを大切に、一戦必勝で勝ち上がっていきたいと思います。
この試合では技術力より、大雨の最悪のコンディションの中、気持も切らさず最後まで集中力を欠かさず戦えた精神力は、1年間の選手一人一人がコロナウイルス感染防止に耐え抜いた精神的成長が大きく見られた試合でした。
 
今年もサッカー部をよろしくお願いいたします。

 

pagetop