2021.03.20

大会結果

「アミノバイタル」カップ関東大学サッカートーナメント大会 東京都予選2回戦【結果】

本日、アミノバイタルカップ関東大学サッカートーナメント大会 東京都予選 2回戦が行われ、昨年まで同リーグ(東京都2部)で負けたことのない東京都立大学との対戦となりましたが、油断したわけではないと思いますが、相手の捨て身のサッカーに翻弄され常時、劣勢に立たされましたが、何とか守り抜き、前後半0対0で試合が終了しました。
勝負のゆくえはPK合戦で決着をつけることとなり、両チーム3人まで外すことなく一進一退の攻防が続く中、本学が5人全員がミスなくゴールを決め、5対4でPK合戦を制して辛うじて勝利し、東京都予選代表決定戦進出を決ました。
厳しい試合でありましたが、トーナメントで勝ち抜いて行くには必ずこのような展開の試合があります。この厳しい戦いを勝ち抜いたことは、チームにとって大きな経験と次戦へとつながると思います。
次戦は、東京都1部の上位校である、山梨学院大学との対戦になりますが、これからは全て各上との対戦となるだけに、簡単に勝たせてはくれないと思われますが、気持ちで負けず、是非勝利して次のステップへの進出を期待しております。
 
 
大会名:アミノバイタルカップ関東大学サッカートーナメント大会 東京都予選 2回戦
 
対戦相手:亜細亜大学(東京都1部)対 東京都立大学(東京都2部)
 
結果結果点数: 前半(0-0)  後半  (0-0) 計  (0-0) PK合戦 5-4 勝ち
 
次の試合の日時・場所: アミノバイタルカップ関東大学サッカートーナメント大会 東京都予選 代表決定戦   亜細亜大学(東京都1部) 対 山梨学院大学(東京都1部)  3月27日(土)or  28日(日) 場所・日時未定(決定次第 亜大スポーツへ掲載)
 
<小島監督コメント>
 勝たなくていけない試合。立ち上がりから亜大のペースで進むが得点することができない。
 決定的なシュートを外し、リズムをつくることができない。運動量、切り替えの動きも悪く良いイメージで試合ができませんでした。90分間相手の粘りが勝り、得点が奪えず試合終了。
 直ぐにPK戦。結果5-4でPK戦を制しましたが、内容は反省点ばかりですが、素直な気持ちは、負けないで良かったと言うのが本音であります。選手・チームにとっては良い薬となったと思いますので次節は、昨年の一部トップチームとの対戦なりますが、挑戦者のつもりで格好つけずに全力でぶつかって行きます。一週間時間がありますので、しっかりトレーニングと準備を行い山梨学院大学に臨みたいと思います。
 

pagetop