2021.02.14

トピックス

第57回 2020年度全日本学生室内テニス選手権大会


11月末日に予定されておりました「第57回 2020年度全日本学生室内テニス選手権大会」がコロナウイルス感染拡大により延期となり、今月、2月19日(金)~25日(木)に開催されます。この大会は学生ランキング上位者のみに出場資格が与えられる、テニス界の学生チャンピオンを決める大会であり、本学、硬式庭球部・アジア女子ローンテニス部から男子6名・女子6名が出場します。4年生にとっては、学生最後の大会となりますので、全ての力を出し切り、有終の美を飾られるよう期待しております。
 
<大会詳細>
 
大会名   :第57回 2020年度全日本学生室内テニス選手権大会 出場リスト
種目    :個人戦
会場    :江坂テニスセンター
期間    :令和3年2月19日(金)〜2月25日(木) 
大会ドロー数:男女シングルス各32名・男女ダブルス各16組
 
<出場選手>
 硬式庭球部       :6名
 アジア女子ローンテニス部:6名
 
 男子シングルス:5名
  清水奎吾(経営4)/熊坂拓哉(4)/高見澤岳飛(4)/内竜輔(4)/濱口昌孝(3)
 男子ダブルス:2組
  熊坂拓哉(4)堀内竜輔(4)/高見澤岳飛(4)権藤卓巳(3)
 女子シングルス:5名
  松田美咲(法4)/伊藤さつき(法2)/中島美夢(法2)/山﨑郁美(法1)/吉川ひかる(国関1)
 女子ダブルス:2組
  伊藤さつき(法2)・中島美夢(法2)/松田美咲(法4)・朝倉菜月(経営4)
 
<大会前の森コーチコメント>
 日頃から、格別のご配慮と応援をありがとうございます。
来る令和3年2月19日(金)から、大阪府吹田市にて、日本最古の室内テニス大会である「全日本学生室内テニス選手権大会」が開催されます。本来であれば、年末11月末から12月にかけて行われる大会ですが、コロナウィルス感染拡大により、日程を後ろ倒しにしての開催となりました。
 本大会は、昨年11月に三重県四日市にて行われた「全日本学生テニス選手権大会」の成績も反映された、全日本学生ランキング上位者のみに出場資格が与えられる、狭き門の大会です。昨年は、松田美咲(法4)が女子シングルス優勝。うれしい全国初タイトルでした。一昨年、女子ダブルスで髙橋玲奈・中沢夏帆も優勝と3年連続優勝を目指して頑張ります。一方男子では、昨年の関東学生テニストーナメント大会シングルス準優勝の熊坂拓哉(法4)が、同ダブルス優勝の熊坂拓哉(法4)・堀内竜輔(法4)が全国タイトルを目指します。
 今回も、大会2週間前から大会終了2週間後までの検温や感染予防対策も実施され、我々も再度感染予防を徹底しベストを尽くして戦って参ります。
本学テニス部から、男子6名・女子6名が出場いたします。
応援の程、よろしくお願いいたします。

  • 男子出場選手(左から濱口・清水・熊坂・堀内・高見澤・権藤)男子出場選手(左から濱口・清水・熊坂・堀内・高見澤・権藤)
  • 女子出場選手(左から上段/朝倉・伊藤・吉川 下段/中島・松田・山﨑)女子出場選手(左から上段/朝倉・伊藤・吉川 下段/中島・松田・山﨑)
pagetop