2021.08.16

大会結果

男子89回・女子65回 全日本学生テニス選手権大会 4日目


令和3年度 男子89回・女子65回 全日本学生テニス選手権大会 4日目、男子シングルス予選決勝・女子シングルス予選決勝が行われ、男子は3名、女子は5名、本選出場をかけて戦いましたが、男子は3名とも敗戦となり、本選出場を逃しました。一方、女子も5名中3名が敗退となり、2名のみ本選出場と予想外の展開となってしまいました。
また、男子ダブルス予選決勝では、古藤嵩大(法学部4年)・権藤卓巳(法学部4年) ペアが勝ち、本選出場を決めました。
これから、本選が始まりますが、予選から勝ち上がった者、シード選手として本選へ出場する者と、違いはあるが、この重い雰囲気を吹っ飛ばす戦いを行っていただき、一人でも多く上位進出を目指していただきたいと思います。本選での活躍を期待いたします。
 
<大会詳細>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大会:男子89回・女子65回 全日本学生テニス選手権大会
会場:三重県四日市テニスセンター
日時:<予選>令和3年8月12日(木)〜 8月14日(土)
   <本戦>令和3年8月16日(月)〜 8月22日(日)予備日23日・24日
種目:個人戦
日時:<予選>令和3年8月12日(木)〜 8月14日(土)
   <本戦>令和3年8月16日(月)〜 8月22日(日)予備日23日・24日
出場:男女シングルス96ドロー/ダブルス48ドロー
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<本日8/15(日)の結果>
 男女シングルス予選決勝
  ◉権藤卓巳(法4) 3-6,1-6 籔田 司(近畿大学)
  ◉古藤嵩大(法4) 5-7.3-6 長山 海(中京大学)
  ◉谷 颯太(経済1) 5-7,1-6 篠田 玲(関西学院大学)
 
  〇中山麗未(経済3) 7-5.7-5 島田莉央(園田学園女子大学)
  〇園城海遥(法2) 7-5.6-4 吉田穂花(青山学院大学)
  ◉伊藤さつき(法3) 2-6.1-6 梶野桃子(早稲田大学)
  ◉髙橋遥菜(経営4) 3-6,4-6 石川琴実(早稲田大学)
  ◉安井愛乃(経済3) 5-7,6-7(0) 松本妃那(早稲田大学)
 
 ダブルス予選決勝
  〇古藤嵩大・権藤卓巳(法4・法4) 6-3.6-2 青木響真・山内一輝(日本大学)
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<森コーチのコメント>
 大会4日目。
今日は、午後から雨がやみ16面進行で試合が進められました。
 男子シングルスでは、権藤がスタート時に簡単なミスが続き相手が勢いづいてしまいました。自分の攻め方と相手の責め方がかぶり、先手をとられ流れを奪われました。相手の強みを抑えきることが出来ず敗戦。古藤は、相手の怒濤の攻めをかわしきれず敗退。谷は、5-3とリードするも簡単なミスを犯して流れを戻されました。
伊藤は、まだまだ自分を超えることが出来ずに敗退。髙橋は、日に日に良くなってくるも勝負処でプッシュしきれず敗退。安井は4-1とリードするも勝ちを意識してプレーに勢いが無くなりました。相手は百戦錬磨で駆け引きに長け、なかなか捕まえきれませんでした。
 中山は、接戦をものにして初の本戦入り。園城は5-2とリードするも足を捻ってしまいます。5-5まで追いつかれますが意地を見せ7-5で先取。最後は、振り切りこちらも初の本戦入り。
 古藤・権藤のダブルスは、要所を押さえながら、相手の勢いを押さえて完勝。
明日は、朝6:00〜8:00練習、午後インドアコートで練習し、明後日に備えます。
応援の程よろしくお願いいたします。
 

pagetop