2021.11.21

大会結果

関東学生テニス選手権大会 本戦5日目

大会名    :2021年 関東学生テニス選手権大会
種目     :個人戦
会場     :大宮けんぽグラウンドテニスコート 
        立川ルーデンステニスクラブ
        緑テニスガーデン
期間   本戦:令和3年11月15日(月)・17日(水)〜22日(月)
        予備日 24日(水)・25日(木)
     予選:令和3年10月20日(水)〜22日(金)・25日(月)〜29日(金)
        予備日 10月1日(月)・2日(火)・4日(木)
出場数  本戦:シングルス(男女)64ドロー/(男女)ダブルス32ドロー
        シングルス2次予選(男女)各192名/1次予選(男子)769名(女子)266名
        ダブルス 2次予選(男女)各96組/1次予選(男子)344組(女子)129組


大会も佳境を迎え、準々決勝の戦いがおこなわれました。
じょ女子選手で本学同士の対決となってしまったところもありましたが、
女子シングルス1名、ダブルスで2組が準決勝へコマを進めました。
残り2勝で優勝ですので、なんとしても優勝を手にしていただきたいと思います。
皆様もご声援よろしくお願いいたします。
 
=========================================================
<本日の試合結果>
 男子シングルス準々決勝
  ◉濱口昌孝(法4) 4-6.2-6 石榑元晴(筑波大学)
 
 女子シングルス準々決勝
  〇山﨑郁美(法2) 6-2.6-0 冨永 栞(亜細亜大学)
  ◉冨永 栞(経営1) 0-6.2-6 山﨑郁美(亜細亜大学)
 
 女子ダブルス準々決勝
  〇中山麗未・中島美夢(経済3・法3) 2-6.6-3.11-9 押川千夏・吉岡希紗(早稲田大学)
  〇安井愛乃・山﨑郁美(経済3・法2) 7-5.6-2 高橋 悠・大川美佐(慶應義塾大学)
 
=========================================================
<森コーチのコメント>
 本日は、男女シングルス・ダブルスの準々決勝が行われました。
全種目、ベスト4をかけた戦い。男子シングルスで濱口昌孝(法4)が敗戦。先日の勝利で関東学生シングルスでの最高戦績ベスト8を記録。今日も勝って自身の記録更新としたかったところですが、相手の巧みなテニスとリカバリーを意識し過ぎて、本来の自分のプレーの精度を出し切れませんでした。しかし、4年生での記録更新は立派でした。再来週から始まる学生最後の大会、全日本学生室内に向けて、しっかり自身を出し切れるように準備をしていきます。
 一方女子は、3回連続の同士討ちの冨永 栞(経営1)が、3連勝を目指しました。一方受けて立ったのが、今大会第1シードの山﨑郁美(法2)。序盤、一進一退のラリー戦の攻防に、スコア以上の見応えある戦い。しかし、要所を締めると共に幅の広くなりつつあるテニスで差を広げた山﨑が完勝。
 女子ダブルスでは、早慶両校を破ってベスト4に進出。中山麗未・中島美夢(経済3・法3)は、ファイナルセット5-8から7-8と追い上げるも7-9と2本のマッチポイントを握られます。しかし、8-9から中山のスーパープレーで9-9とし、相手のダブルフォールトで10-9と逆にマッチポイントを握ります。最後は、ストレートアタックを凌いでポーチで決めきった中山。11-9と大逆転勝利。前の試合で、児山・冨永が早稲田ペアに9-8から同じように逆転されたお返しをすることが出来ました。
 明日は、決勝進出をかけた戦いです。目の前に集中して頑張って欲しいと思います。
 応援の程、よろしくお願いいたします。
 
=========================================================
<11/22日(月)の予定> 
 女子シングルス準決勝
  山﨑郁美(法2) vs 大川美佐(慶應義塾大学)
 
 女子ダブルス準決勝
  中山麗未・中島美夢(経済3・法3) vs 草野京香・照井妃奈(筑波大学)
  安井愛乃・山﨑郁美(経済3・法2) vs 清水里咲・谷井涼香(駒澤大学)
 
=========================================================

pagetop