2021.11.20

大会結果

関東学生テニス選手権大会 本戦4日目

大会名    :2021年 関東学生テニス選手権大会
種目     :個人戦
会場     :大宮けんぽグラウンドテニスコート 
        立川ルーデンステニスクラブ
        緑テニスガーデン
期間   本戦:令和3年11月15日(月)・17日(水)〜22日(月)
        予備日 24日(水)・25日(木)
     予選:令和3年10月20日(水)〜22日(金)・25日(月)〜29日(金)
        予備日 10月1日(月)・2日(火)・4日(木)
出場数  本戦:シングルス(男女)64ドロー/(男女)ダブルス32ドロー
        シングルス2次予選(男女)各192名/1次予選(男子)769名(女子)266名
        ダブルス 2次予選(男女)各96組/1次予選(男子)344組(女子)129組
 
=========================================================
<本日の試合結果>
 男子シングルス3回戦 
  〇濱口昌孝(法4) 6-3.6-1 山口柚希(早稲田大学)
 
 女子シングルス3回戦 
  ◉伊藤さつき(法3) 6-7(2).7-6(4).2-10 堤華蓮(慶應義塾大学)
  〇冨永 栞(経営1) 6-1.4-6.12-10 吉川ひかる(亜細亜大学)
  〇山﨑郁美(法2) 6-2.6-4 吉田華菜子(明治大学)
  ◉吉川ひかる(国関2) 1-6.6-4.10-12 冨永 栞(亜細亜大学)
 
=========================================================
<森コーチのコメント>
 本日は、ベスト8をかけた男女シングルス3回戦が行われました。
男子では、濱口昌孝(法4)が4年生の意地を見せ、伸び盛りの早稲田大学の選手にテニスをさせず完勝。ベスト8に進出しました。
 一方、女子では冨永 栞(経営1)と吉川ひかる(亜細亜大学)が同士討ち。ファイナル10ポイントタイブレークでは7-3から追い上げ、9-8と先にマッチポイントを握った吉川。10-9と2本目のマッチポイントもものに出来ず惜敗。冨永は1年生ながら堂々のベスト8進出です。そして、本大会第1シードの山﨑郁美(法2)は、昨日齋藤瑠奈(経営1)を破ってきた明治大学の選手に対して終盤もたつくも貫禄の勝利。こちらもベストう8進出を決めました。
 最後は、伊藤さつき(法3)が食い下がるも、チャンスを掴めず悔しい敗退。
次戦準々決勝は、1日空けた21日(日)に大宮けんぽグラウンドにて行われます。またも女子シングルスでは、同士討ちですがBestを尽くして欲しいと思います。
 応援の程、よろしくお願いいたします。
 
=========================================================
<11/21日(日)の予定> 
 男子シングルス準々決勝
  濱口昌孝(法4) vs 石榑元晴(筑波大学)
 
 女子シングルス準々決勝
  山﨑郁美(法2) vs 冨永 栞(亜細亜大学)
  冨永 栞(経営1) vs 山﨑郁美(亜細亜大学)
 
 女子ダブルス準々決勝
  中山麗未・中島美夢(経済3・法3) vs 押川千夏・吉岡希紗(早稲田大学)
  安井愛乃・山﨑郁美(経済3・法2) vs 高橋 悠・大川美佐(慶應義塾大学)
 
=========================================================

pagetop